相変わらず与党「テロ等準備罪成立!」野党「内閣不信任案!」

加計学園の問題もあって引き伸ばしとなってしまいました・・・。

引用

国会会期延長不可避 与党、テロ準備罪優先し1~2週間

 今月18日に会期末を迎える通常国会の会期延長が不可避な情勢となった。与党は共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案と性犯罪を厳罰化する刑法改正案の成立を確実にするため、1~2週間程度確保する方向だ。内閣不信任案提出など野党の出方を見極めながら最終判断する。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は7日の会談で、両改正案を今国会で確実に成立させることを決めた。刑法改正案は7日の衆院法務委員会で可決された。8日に衆院を通過し、参院に送付される。

 一方、参院法務委員会で審議中の組織犯罪処罰法改正案は、民進党が秋野公造委員長(公明)の解任決議案を提出して審議が停滞。決議案は7日の参院本会議で否決されたが、これまでの審議は約10時間にとどまっている。8日も参院法務委で6時間の審議を行い、与党は採決の目安としている20時間以上の審議時間を確保したい考えだ。

 しかし、その後は18日の会期末まで法務委の開催定例日は2日しかなく、野党側は近く金田勝年法相の問責決議案を参院に提出するなど“時間切れ”を狙う。さらに、民進、共産など4野党は8日に党首会談を行い、安倍晋三内閣不信任決議案の提出も検討する。

 このため、与党は延長は不可避との判断に傾いた。ただ、6月23日告示の東京都議選までには刑法改正案を成立させ、事実上閉会させたい考えだ。

 最終更新:6/8(木) 7:55 「産経新聞」より
テロ等準備罪の成立及び性犯罪の厳罰化に踏み込みたい与党と、金田勝年法務省の問責決議及び安倍内閣不信任決議案を提出したい野党の構図が相変わらずの今国会、加計学園の問題が降って湧き、そこに時間が割かれたことにより会期中にそれが出来るのか微妙なところでしたが、どうも会期延長は避けられないようです。

与党としては早くこの課題をクリアして、今月23日に告示される東京都議会議員選挙のことを考えねばいけないが、野党が加計学園の問題にこだわって追及ばかりするせいで大幅に遅れた感がするけど、中身の無い議論やどうでもいいような追及にかまけて、正直言って国民を無視したいい加減極まりない姿勢にも他なりません。

与党も与党で、テロ等準備罪成立を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正及び憲法改正ばかり熱心になって、他のことを棚上げしまくって全然見向きもしない姿勢にも問題があります。
議員定数削減はどうした!? 子供の貧困対策はどうした!? って改めて言いたくもなります。
性犯罪の厳罰化は賛成の立場ですし(去勢手術を受けるかGPSを取り付けて監視対象にしたほうがいい)。組織犯罪処罰法改正も賛成だけど、それよりも重要な課題はたくさんあるんだからそれにも目を向けてほしいです。ホントに!!

自分たちがしたいことばかり熱心になる与党、内閣のアラ探しばかりやってまともに議論しない野党、いつまでこんな中身が伴わないと言うか伝わらない机上の空論ばかりやってんだかと思います。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード