菅井友香、馬術連盟の広報大使に

子供の頃から馬術に携わってきた賜物と言えます。
いわゆる「お嬢様」キャラだけじゃないってこと。

引用

欅坂46キャプテン菅井が日本馬術連盟広報大使就任

 欅坂46のキャプテン、菅井友香(21)が、日本馬術連盟の「馬術スペシャルアンバサダー(広報大使)」に就任したことが7日、分かった。この日、横浜市内で行われる記者会見に出席した。馬術の魅力を多くの人々に伝えるための広報大使として活動する。この日から新たに開設された馬術ファンサイト「A to Zinba(エートゥージンバ)」内では、コラムなどを掲載する。

 アンバサダー就任について「お話をいただいた時には本当にうれしかったんですけど、このような大役が私で大丈夫なのかという気持ちもありました」と答えた。「小さい頃から馬が大好きだったので、将来と馬と関わるお仕事ができたらそんないうれしいことはないなと思っていました。こんな形で馬と、馬術と関わることができるなんて、1つ夢がかなってとてもうれしいです」と喜んだ。

 この日同席した馬術アンバサダーライダー高田茉莉亜(22)とは、中学生時に同じ乗馬クラブに通っていたこともあるという。「憧れの先輩でした」。高田から「中学の時から本当にかわいかったです」と明かされると、「いやいや、そんなことないです…」と照れ笑いしていた。

 あらためて意気込みを聴かれると、「スペシャルアンバサダーに就任させていただくからには、馬術、馬、そして選手のみなさんの魅力ももっとたくさん勉強して、多くの方々に知っていただけるように精いっぱい努力していきたいと思います」と元気よく答えた。

 菅井は小5の時、同級生に誘われて馬術を始めた。中1の時に本格的な馬場馬術もスタート。11年、第28回全日本ジュニア馬場馬術大会チルドレンライダー選手権で第2位に、13年には第40回東京都馬術大会M1課目で第1位になっている。高校時代には友人から「ウマ子」と呼ばれていたこともあった。15年8月に欅坂46の1期生オーディションに合格。当時大学の馬術部に所属していたため、合格を報告すると「主将に怒られた」という。

 昨年から障害馬術も始め、今年の東関東馬術大会で第1位。国際馬術掛川大会のトップスコア競技にも出場を果たし、競技の様子はTBS系「炎の体育会TV」でも放送された。

 今年1月、欅坂46のキャプテンに就任した。愛称は「ゆっかー」「ゆうか」「菅井ちゃん」など。163・5センチ。AB型。

 [2017年6月7日13時53分 「nikkansports.com」]より
欅坂46のキャプテンで生粋のお嬢様キャラとして有名な菅井友香、小学5年から馬術を始め、その後大会で実績を残すなど活躍しており、TBS系の「炎の体育会TV」でも馬術絡みで出演するなど「馬術を嗜むお嬢様キャプテン」のイメージが強いですが、その菅井が日本馬術連盟からスペシャルアンバサダー(広報大使)に就任したみたいです。

「お話をいただいた時には本当にうれしかったんですけど、このような大役が私で大丈夫なのかという気持ちもありました」と広報大使就任について緊張した菅井ですが「小さい頃から馬が大好きだったので、将来と馬と関わるお仕事ができたらそんないうれしいことはないなと思っていました」と夢が叶ったことを嬉しくコメントしたようです。

お嬢様キャラ、滑舌に難ありキャラ、そして馬術キャラが加わっている菅井、最近出たシングル「不協和音」のヒットもあり人気アイドルとなりつつある欅坂だけに、メンバーによってはそろそろソロで芽が出ていい時期も来てますが、菅井にもそれが来た感がします。
これが馬術の競技人口拡大に繋がるんでしょうかね・・・?

theme : 欅坂46
genre : アイドル・芸能

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード