やはり大坂容疑者「本人」だった

DNA鑑定の結果、やっぱり本人だったようです。
ホントの逮捕に46年も費やしたことになります。

引用

渋谷暴動、大坂容疑者を再逮捕へ…本人と特定

 1971年11月の「渋谷暴動」事件で、指名手配中の中核派活動家の大坂正明容疑者(67)とみられる男(公務執行妨害容疑で逮捕)について、警視庁公安部は親族とのDNA鑑定などで大坂容疑者本人と特定し、殺人、現住建造物等放火、傷害、公務執行妨害、凶器準備集合の5容疑で、7日に再逮捕する。

 同日中に大坂容疑者の身柄を東京に移送し、46年近い逃亡生活についても解明を進める。

 捜査関係者によると、大坂容疑者は71年11月14日、東京都渋谷区神山町の路上で、警備に当たっていた新潟県警の中村恒雄警部補(当時21歳、殉職後2階級特進)の頭などを、同派活動家らとともに鉄パイプで殴り、火炎瓶で火を付けるなどして殺害するなどした疑い。

 2017年06月07日 07時16分 読売新聞
1971年の渋谷暴動事件で、警察官を襲撃して火炎瓶を用いて殺害したとして全国指名手配されていた中核派活動家・大坂正明容疑者、その大坂容疑者と見られる男を先月大阪府警が逮捕したけど、ホントに大坂容疑者本人かどうか信憑性が分からない為、警視庁公安部が親族とのDNA鑑定を行った結果、大坂容疑者本人であることが発覚し、殺人など5つの容疑で7日に警視庁が再逮捕する方針です。
そりゃ指名手配の写真が46年前のものだから、本人かどうかはDNA鑑定でもしなければ難しいですからね。

現在大阪府警に身柄を拘束されており、警視庁に移して事件の真相及び46年に及び逃亡生活について聞き出す予定だが、黙秘を続けており、手強そうな気がします。

そこから他にも逃走中の中核派メンバーについての情報を聞きたい警視庁ではあるものの、逮捕に至るまで40年以上も費やしたのは相当手こずったって感がします。渋谷暴動事件はアメリカで言うコールド・ケースのようになったんだろうか(アメリカの一部の州で、時効を過ぎた未解決事件において新たな証拠が判明した場合、時効が解除されて事件として立件できる捜査のこと)。だったら日本でもコールド・ケースが必要だと思うね。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ 指名手配でよく見るあの人物

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード