公営住宅を保育所に?

待機児童問題は待ったなしの課題の一つだが、こう言うアイデアもありだと思う。

引用

<待機児童対策>「公営住宅に保育所」広がる…空き室対策も

 待機児童対策の一環で、公営の集合住宅に小規模保育所を開設する試みが始まっている。物件探しに苦労している民間事業者と、空き室を有効活用したい行政の思惑が一致したことによる取り組みだが、「騒がしくなる」などと懸念する住民の理解を得られないケースもある。【椋田佳代】

 「しっかり飲んでくださいね」「はーい」。大阪府島本町の府営住宅1階にある「RICホープ島本保育園」。昼寝を終えた1~2歳の園児5人がおやつの時間に机を囲み、保育士の呼びかけに元気よく返事した。

 昨年11月開所の同園は、府営住宅を活用した小規模保育所の第1号。約60平方メートルの1室で12人を預かる。3LDKの間取りはそのままで、押し入れを撤去するなどして改修した。防音のため窓や天井は二重。台所は壁を設けて独立した調理室にした。

 同じ棟に住む60代の女性は「散歩の時間に会うとあいさつしてくれる。元気がもらえそう」と好意的だ。子供たちの声もほとんど響かないという。

 待機児童対策を考えていた同町と、府営住宅の活用を検討していた府の思惑が一致した。事業者は家賃を払って使用する。運営する「パワフルケア」の黒田命人(みこと)社長(37)は「テナントを改修するより工事費が抑えられ、家賃も安いため運営コストがかからない」。昨年10月時点で56人だった町の待機児童は、別の小規模保育所ができたこともあり、今年4月には37人に減った。

 ◇近隣住民と関係重要

 小規模保育所は定員6~19人で、0~2歳児を預かる。都市部での待機児童増加などを受けた国の制度変更で、2015年度から認可対象になった。公営住宅の活用で先行したのは名古屋市。12年から別の保育制度で市営住宅を使っており、小規模保育所の開設にも積極的だ。現在は3戸(定員29人)に開設している。

 大阪市は今年4月時点の待機児童が325人で2年連続の増加。吉村洋文市長は「来年4月にゼロにする」と目標を掲げるが、過密な市街地では用地の確保は容易ではない。そこで4月の庁内会議で市営住宅の活用を指示。公募しても参入希望が少ない天王寺区などで、物件の調査を進めている。ただ、どの都市でも活用が進んでいるわけではない。東京都は昨年9月、区や市に移管した都営住宅を保育所として使えるよう用途の条件を緩和したが、申請はまだない。神戸市や京都市でも話題に上がったが、具体的な計画には至っていない。神戸市の担当者は「保護者の要望が強いのは駅近くだが、離れた立地の市営住宅が多い」と事情を話す。

 大阪府吹田市は昨年、府営・市営住宅の計5室に小規模保育所を開設する計画を立てたが、住民説明会では騒がしくなることへの不安の声が相次ぎ、賛同を得られなかった。同市の担当者は「施設の運営を考えると近隣住民との関係は重要だ」と話す。

 最終更新:6/2(金) 14:30 「毎日新聞」より
公営住宅の空き部屋を小規模な保育所に充て、少しでも待機児童問題を解決したいと言う取り組み、物件確保に苦労している民間業者と空き部屋を有効活用したい行政との間で意見が一致したことにあるけど、一方で周辺住民の理解を得ることの難しさと言う課題も突きつけられています・・・。

都市部において待機児童問題が深刻化したことにより、国がこれまでの制度を変更したことで公営住宅において保育所が認可されたって言えますが、公営住宅のみならず空き家も適用してはどうかと思うね。公営住宅の空き部屋もそうだし空き家も小規模な保育所にするなりして有効活用しなければ地域の活性化はないと思います。
公営住宅だって空き部屋が多ければ殺風景だし、寂れた印象を与えると思う。

大阪府では待機児童問題が深刻化したことで、市営住宅を保育所として活用することを認可したが、東京などでは後になってそれが認可したものの申請がないどころか計画に至ってないケースもあり、なぜ進まないかと言うと保護者が要望する場所と異なる立地が大半で、それが新設が進まない要因になっていると言うけど、自分たちが希望する場所じゃないと嫌だってことだろうか。

一番厄介な問題が近隣住民への理解、保育園新設問題に言える話で騒音を理由に理解を得られず新設できないケースもあり、正直近隣住民との関係が重要だと行政側は言うけど、近隣住民も近隣住民で子供の声を騒音だなんて見なすその神経が理解できないと思う。それは即ち子供の権利を全く考えてないとしか思えないし、子供の権利を考えない社会に未来はありません。
騒音を理由に文句を言うならパチンコ屋とか宣伝カーにこそ言えよ!! 後は暴走族や走り屋に対してもね。

待機児童問題及び空き部屋・空き家問題を解消できて一石二鳥だと思うけどねェ・・・。この案は。

theme : 私たちに出来ること・・・!
genre : 福祉・ボランティア

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード