則本昂大、あの野茂を超えた!!

菅野智之の3試合連続完封勝利以上に偉業と見なしていいと思います!!

引用

楽天・則本、坂本勇から大記録!チーム今季初の5連勝導いた

(セ・パ交流戦、楽天3-2巨人、3回戦、楽天3勝、1日、コボパーク)歴史の扉を開いた。楽天・則本昂大投手(26)が1日の巨人最終戦(Koboパーク)で12三振を奪い、7試合連続の2桁奪三振を達成。8回6安打2失点でチームの3-2での勝利に貢献し、7勝目を飾った。

 「七回に限界になったけど、何とか乗り切れた。何より、チームの今季初の5連勝に貢献できたことがよかった」

 日本中が注目した一戦。午前中から降った雨の影響で、試合開始は31分遅れた。一回、先頭・脇谷の初球は最速の156キロを計測。緊張に加えて、力む。何度も深呼吸をして気持ちを落ち着かせた。二回二死満塁。小林を135キロのスライダーで、この日最初の三振に斬った。三回は脇谷、立岡、坂本勇を3者連続の見逃し三振に封じた。

 0-0の四回、一死一塁から村田に先制の2号2ランを浴びた。この回を投げ終えた時点で83球を費やし、奪ったのは6三振。嫌なムードが漂い始めた。雨も降りしきる。だが、剛腕はここで終わらない。六回に味方打線が3点を取って逆転するとギアを上げた。七回に2つを奪って9三振。リーチをかけた。

 大記録は昨季のセ・リーグ首位打者、坂本勇を相手に決めた。八回先頭、141キロのフォークボールでバットに空を切らせて10個目だ。この回も156キロを計測。続くマギー、阿部も空振り三振。七回の立岡から4者連続で締めた。

 実家の滋賀・多賀町から駆けつけた両親の前で達成。“ドクターK”の狂騒曲は、まだ終わらない。

 2017.6.2 05:05 「サンケイスポーツ」より
6試合連続2ケタ奪三振を記録している楽天・則本昂大、既に野茂英雄氏の持つ6試合連続に並んでますが、その記録更新の期待がかかった1日の巨人戦、降雨のせいで31分試合開始が遅れたものの、平常心だったようです。

最初の三振は2回表2アウト満塁のピンチで小林誠司を空振り三振にしたけど、これが則本の奪三振ショーの始まりを告げるゴングでした!!
3回表は3者連続で見逃し三振に打ち取り、新記録達成は時間の問題と誰しもが思ったものの・・・!?

4回表に村田修一に先制2ランホームランを喫し、ここまでで上げた三振の数は6つ、かつ83球を投げたことでもうダメかと思ったが、則本はここで終わりませんでした!!
6回裏に味方打線が逆転したことで再び自信が出て、7回表に2つ三振を奪いここでこの試合9個目、味方打線の援護がここまで本気にさせたと言いましょうか。

8回表、先頭バッター坂本勇人から空振り三振を奪い、この試合10個目の奪三振、この瞬間7試合連続奪三振を果たしました!!
坂本から新記録を達成しても則本の勢いは止まらない、続くバッターを2者連続の三振に打ち取り、前のイニングから4者連続三振で、終わってみればこの試合で奪った三振は12。大記録達成にはおあつらえ向きと言っていいでしょう。
8回に156キロも記録したり、3者三振に打ち取ると言うタフネスぶりも見せつけた則本、ここまで来れば「超人」レベルです。

野茂の持つ6試合連続を更新した則本、今やパ・リーグと言うか日本を代表するエースの名に相応しいです。なおかつ巨人から大記録と言いますから、なお更記憶にも残りそうです。

theme : 東北楽天ゴールデンイーグルス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード