「正々堂々精進します」

平成生まれの日本人初の大関が誕生しました!!

引用

新大関の高安「名に恥じぬよう正々堂々精進」

 日本相撲協会は31日、両国国技館で名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と理事会を開き、関脇高安(27)(本名・高安晃、茨城県土浦市出身、田子ノ浦部屋)の大関昇進を満場一致で決めた。

 平成生まれの新大関はモンゴル出身の照ノ富士に次いで2人目。

 相撲協会から春日野理事(元関脇栃乃和歌)と審判委員の片男波親方(元関脇玉春日)が使者に立ち、東京都内のホテルで高安と師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)に昇進を伝えると、高安は「謹んでお受けします。大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上を述べた。

 高安は15歳で当時の鳴戸部屋に入門し、平成生まれの力士では初めて新十両、新入幕、新三役に昇進。昨年名古屋場所からは6場所連続で三役の座を守った。しこ名が本名の大関は出島以来で、昭和以降4人目。名古屋場所は4横綱3大関の豪華な番付となる。

2017年05月31日 10時15分 読売新聞
さきの夏場所で11勝を挙げ、直近3場所での通算勝ち星が34と昇進の目安となる33勝をクリアし、日本相撲協会から理事会にて満場一致で大関昇進を決めた関脇・高安、平成生まれで新大関は照ノ富士以来ですが、日本人で初となる平成生まれ大関の誕生は喜ばしいです。

都内のホテルで臨んだ伝達式、そう言えば稀勢の里の横綱昇進の際も同じでしたが、田子ノ浦部屋では周囲に迷惑がかかるからか、大勢詰めかけても問題がないホテルでの伝達式、日本相撲協会は考えたと言えます。

「謹んでお受けします。大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上でこう述べた高安、兄弟子・稀勢の里同様シンプルなものだったが、四字熟語は使いたくない、出来ればシンプルなものでって高安は思ったんでしょう。
四字熟語を使ったところでかっこいいとは限らないし、もう貴乃花の時代とは違うってことでもあるが。

来場所から大関として臨む高安、稀勢の里に負けじと精進してほしいです。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード