左上腕付近のケガが悪化?

先日琴奨菊に一方的に押し出されたことが決定打になった感がするけど・・・。

引用

稀勢の里休場 「力が入らない。相撲にならない」

 左上腕付近に負傷を抱え、9、10日目と連敗していた大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が11日目の24日、日本相撲協会に、前回と同じく「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の通院加療を要する」との診断書を提出して休場した。稀勢の里の休場は大関時代の14年初場所千秋楽以来、2度目。11日目の相手の関脇玉鷲は不戦勝となる。

 部屋で対応した師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は「昨日の夜と今朝、本人と話した。『力が入らない。相撲にならない。すみません』と言うので、休場を決めました。今まで本人から言うことはなかったのでそういうの(横綱の責任)もあったと思う」と明かした。

 稀勢の里は春場所13日目の横綱日馬富士戦で左上腕と大胸筋付近を負傷。千秋楽で奇跡的な逆転優勝を果たしたが、その後の春巡業を全休して治療に専念してきた。急ピッチで仕上げて場所に臨んだが、2つの金星を許すなど10日目を終えて6勝4敗と精彩を欠いていた。

 田子ノ浦親方は「状態が悪化したというのではなく、中日を過ぎて力が入りにくくなっていた。昨夜(都内の)病院で診断書を出してもらった。結果は(以前と)何も変わっていなかった」と説明。今後については「来場所があるので、それに向けて治療していく。動いたりはできるので」と話した。

 [2017年5月24日13時26分 nikkansports.com」]より
ここまで6勝4敗と振るわない横綱・稀勢の里、やはりと言うか先場所終盤に負った左上腕付近のケガが完治しない状態で取り続けて、ここぞで全力を出せないところを露呈したが為に、11日目となる24日に日本相撲協会に対してケガの治療に専念する為診断書を出した上に休場を決意したようです。

「昨日の夜と今朝、本人と話した。『力が入らない。相撲にならない。すみません』と言うので、休場を決めました。今まで本人から言うことはなかったのでそういうの(横綱の責任)もあったと思う」と師匠の田子の浦親方は先日稀勢の里と部屋で対応した際のやり取りも含めて、休場理由を明かしたけど、力が入らない、相撲にならない。確かに左上腕付近のケガが予想以上に重く、それでも横綱の意地で相撲を撮り続けた結果、取りこぼしが目立つようになったことで、これでは横綱の務めを果たせないと言うことかも知れません。
万全な状態でないのに出てつまらない負けを重ねては、ガッカリさせるだけでしかありません。

無念の休場となった稀勢の里、ケガを押してまで出て余計ケガを悪化させてはファンに申し訳がないだろうし、ここは一つケガの治療に専念したほうがいいです。万全な状態でこそ横綱の努めは果たせるんだから。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード