なぜクイズ番組って増えやすいの?

改編期から1ヶ月経つテレビ界、中でもクイズ番組がまた増えているような気がしてならないが、なぜこうもクイズ番組が増えるのか、疑問でしかない。
「ネプリーグ」(フジテレビ系)「クイズプレゼンバラエティーQさま!」「ミラクル9」(テレビ朝日系)「世界!ふしぎ発見」(TBS系)「究極の〇×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」(日本テレビ系)など先月スタートしたものと合わせれば11本となっているが、現在放送しているバラエティ番組の半分近くがクイズってことになる。

放送時間帯が夜7時から9時までのいわゆる「ゴールデンタイム」に集中しており、なぜその時間帯なのかと言えばゴールデンタイムは家族揃って見やすいと言う利点を活かしていると思うが、家族揃ってテレビを見ると言うゴールデンタイムの常識に基づいてると言えます。これも昭和の時代からの名残っちゃ名残だが。相も変わらずこの時間帯はファミリー層を意識した番組が喜ばれるってことだけど。
またなぜクイズ番組が増えているのか、もう一つの理由としてひな壇番組にも当てはまる「たくさんタレントを確保しやすい」「大規模なロケやセットも必要なく制作費を節約できる」と言うことだけど、昨今のテレビ不況もあり、低予算でどうやって番組を作るのかと言う課題をクリアするのにクイズ番組はうってつけなんでしょうね。
だからと言ってバブルの頃は良かったとあの時代を正当化するつもりはないが。

視聴者ニーズでなく、テレビ局や制作会社の事情から増えているクイズ番組、各局とも差別化を図るために競争しているけど、かつてあった視聴者参加型も今や地デジ化に伴いネットやリモコンのdボタンを押せば参加できると言うプロットに変わったように、様変わりしてるっちゃそうだね。

ただ一方でクイズ番組ばかりに頼っててはどうかと言う点、似たり寄ったりな番組が同じ時間帯に集中しては多様性がないと指摘されておかしくないし、今やSNSなどの普及もありすすんでテレビを見ることが少なくなっている昨今、テレビ離れと言う重大な課題を今も抱えるテレビ局及び制作会社、特定のコンテンツに頼ってばかりでは視聴者に飽きられる一方だし、だから最近のテレビはつまらないと指摘される要因の一つなのではと思うね。
クイズ番組を批判するわけではないが、同じ時間帯に似たり寄ったりな番組ばかり連発しては余計テレビ離れを助長するだけでしかありません。

theme : 伝えたい事
genre : ブログ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード