どうしちゃったのロッテ、早くも自力V消滅

パは楽天が好調ですが、一方で前評判が高かったこのチームはと言うと・・・!?

引用

ロッテ、37試合目で自力V消滅…伊東監督「上を向いていかないと」

(パ・リーグ、ロッテ2-3西武、7回戦、西武4勝2敗1分、16日、ゾゾマリン)1点及ばず今季ワーストの6連敗。首位・楽天が勝ったため、37試合目にして自力優勝の可能性が消滅した。5月中の消滅は2015年のオリックス(31日、54試合目)以来で「こういう状況でも意地を見せないといけない。上を向いていかないといけない」と伊東監督。林球団本部長は「監督への信頼は変わらない。伊東さんを中心に本来の力を出してほしい」と奮起を期待した。

 2017.5.17 05:01 「サンケイスポーツ」より
今季未だ勝利数が二桁に届かず、チーム打率も1割台と深刻なロッテ、16日から本拠地・ゾゾマリンスタジアムでの西武3連戦に巻き返しを図りたいところだったが、16日の西武戦は先発・チェン・グァンユウが好投しながら打線の援護がなく、6回表に西武打線に捕まって3点を先制され、その後1点差にまで詰め寄るも最後まで攻めがチグハグなところが目立ち、2-3で惜敗してしまいました・・・!!

またこの日楽天が秋田で日本ハムに勝利したことで、今シーズンの自力優勝が無くなったって言いますから、5月中旬にして自力優勝が消えた。一昨年のオリックス以来となる5月中の自力優勝消滅、ましてや37試合を終えて現在9勝27敗1分、37試合目にして自力優勝が消える。1990年のダイエー(当時)以来となる悲惨な現実、オープン戦では好調だったのに公式戦でなぜここまでダメになったのかなァ・・・!?

新外国人の不振、デスパイネの抜けた穴の大きさ、踏ん張れない投手陣、攻めも守りもどこかチグハグ過ぎ、フロントのやる気の無さが目立つが、セの最下位・中日もヒドいけどロッテは輪をかけてヒドい。チーム状態がこれでは浮上するわけもありません。
「こういう状況でも意地を見せないといけない。上を向いていかないといけない」伊東勤監督は前向きな姿勢を見せたけど、伊東監督の休養と言う最悪のシナリオだけは回避したいところです(フロントがそれでも伊東監督を信頼しているけど)。

こうもヒドいと、フロントの責任問題になってもおかしくないところです。監督にだけ責任を押しつけるのではなくフロントも責任を取るべし。現場にだけ責任を押しつけて自分たちは知らん振りじゃ、チームの士気に関わるし深刻な状況になる一方です。

theme : 千葉ロッテマリーンズ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード