ロシアにISの情報を漏らした!?

FBI(連邦捜査局)長官を一方的に解任したのに続き、今度は・・・!!
大統領の独断だけで情報を相手に簡単に提供していいのだろうか・・・!?

引用

<トランプ大統領>機密漏えい、露外相にIS情報 米紙報道

◇5月10日に会談

【ワシントン高本耕太】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は15日、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相らとホワイトハウスで10日に会談した際、過激派組織「イスラム国」(IS)の脅威に関し第三国由来の機密情報を漏らしたと報じた。複数の現・元政府高官の話として伝えた。旅客機に持ち込むノートパソコンを用いた攻撃に関する情報という。

 同紙によると、トランプ氏は予定協議内容を超えてISの脅威に関する「具体的な事項」を説明した。情報は最高機密で限られた高官しか知らず、同盟国にも伝えられていない。各国政府・情報機関がやりとりする機密情報の開示は提供元の同意が原則。

 米国では大統領が機密情報開示の最終決定権を持つため、ロシアに機密情報を伝えても違法にはあたらない。

 しかし複数の米主要メディアは、情報提供者の生命が危険にさらされ、「提供元の政府・機関との信頼関係が失われ今後の対テロ作戦に影響が出る可能性がある」と一斉に批判した。

 10日の会談に同席したティラーソン国務長官は「テロ対策を含む幅広い問題が話し合われ、特定の脅威への言及もあった」が「情報提供元や(収集の)手法、軍事作戦は議論しなかった」との声明を発表。マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「航空への脅威」を協議したことは認めたが、報道は「誤りで、(漏えいは)起こっていない」と否定した。

 会談は、トランプ陣営とロシアの癒着疑惑を捜査していた連邦捜査局(FBI)のコミー長官をトランプ氏が解任した翌日。報道が事実なら、ロシア疑惑に批判が高まることは必至だ。

 英米両政府は3月、中東・アフリカからの旅客機でパソコンなど電子機器の持ち込み規制を強化している。

 最終更新:5/16(火) 13:18 「毎日新聞」より
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と10日にホワイトハウスにて会談したアメリカドナルド・トランプ大統領、その際ラブロフ外相にIS(イスラム国)に関わる第三国由来の機密情報を漏らしたことで問題になってるけど、大統領が機密情報開示の決定権を持つアメリカだけに、違法ではないが、大統領の独断で平然と機密を他国に公開するのは情報漏洩に当たる上に、情報提供者の安全に関わる問題ではないでしょうか。

「提供元の政府・機関との信頼関係が失われ今後の対テロ作戦に影響が出る可能性がある」とアメリカの主要メディアは独断で情報開示をしたトランプ大統領のやり方を批判したが、独断で平然と情報を与えることはアメリカの信用に関わる大ごとであり、しいては当該国との外交関係に影響も出かねないです。

いくらロシアと組んでIS掃討に積極的なトランプ大統領でも、これはやり過ぎ感が否めない上にアメリカの安保に関わる問題でもあります。特定機密を簡単に第三国に横流ししていかがなものか。

旅客機に持ち込むノートパソコンを使った攻撃に関する情報って言うが、今年3月にアメリカはアフリカ・中東諸国から電子機器を持ち込むことを規制する政策を取っており、どんな理由でロシアに情報を流したのかと勘ぐりたくなる。大体シリアのバッシャール・アサド政権を支援しているロシア、アサド政権の暴虐を許さない立場のアメリカとでは水と油なのに、なぜトランプ大統領はそのロシアとつるんでるのかと疑問が出てきます。
トランプ大統領とロシアの癒着疑惑を調べていたFBIのジェームズ・コミー長官を解任した翌日にラブロフ外相と会談しただけに、この報道がホントならトランプ大統領は窮地にまた立たされるでしょう。共和党の保守派からは「やはりトランプは危ない奴だ!」って余計怒りそうだ。

ただトランプ大統領、一連の報道を「フェイクニュースだ」って一蹴しそうだが、コミー長官の解任は自分の意に沿わない、批判的な者を排除しようとするやり方で、まるで独裁国家を思わせます。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード