マクロン氏勝利でポピュリズム拡大を「阻止」

アメリカやイギリスのようにいかなかったことだけは「さすが!!」と言いたいです。
それだけフランスの有権者の質は高かったと言えますね。

引用

仏新大統領に39歳史上最年少マクロン氏 得票率66%極右ルペン氏に地滑り勝利

【パリ=宮下日出男】フランス大統領選は7日、決選投票が行われ、即日開票された。内務省の暫定集計(開票率100%)によると、欧州連合(EU)との協調を重視する独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が得票率66・06%となり、同33・94%の「反EU」派の極右、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)を破り、新大統領に選出された。

 1958年以降の第5共和制下で、左右2大陣営に属さない仏大統領の誕生は初めて。39歳の大統領は仏史上最年少となる。

 マクロン氏は7日、「長い歴史の新たなページが開かれる。謙虚にフランスに仕える」と勝利宣言した。ルペン氏は「国民は継続を選んだ。フランスが直面する巨大な挑戦にマクロン氏が成功することを願う」と敗北を認めた。

 投票率は74・62%で、前回2012年の大統領選決選投票の80・34%を下回った。

 大統領の任期は5年。マクロン氏はオランド現大統領の任期終了する14日までに就任する。オランド氏は7日、「大多数がEUへの愛着を示した偉大な勝利」とたたえた。

 マクロン氏は「左右の溝を超える」としてオランド社会党政権を離れ、政治運動「前進」を率いて独自に出馬した。

 選挙戦では、左右両派の候補がともに4月23日の第1回投票で敗退した。EUや移民、経済の主要争点で対立するマクロン、ルペン両氏の戦いとなったが、他の陣営候補者が「ルペン氏阻止」に動き、マクロン氏が優位に戦いを進めた。

 マクロン氏の勝利は、英国のEU離脱やトランプ米大統領の発足後、欧州各地で勢いづく大衆迎合主義(ポピュリズム)勢力の伸長に歯止めをかけた。マクロン氏の選出は、求心力低下が続いたEUの再建議論にも影響を与える。

 マクロン氏には、6月の国民議会(下院)選で政権の安定基盤を確保できるかが当面の焦点。内政では、経済回復や移民・治安対策が課題であり、選挙で分断が鮮明となった国民の団結と国家の再生を担う。

 最終更新:5/8(月) 9:32 「産経新聞」より
得票率66パーセントで極右政党・FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペン候補(33パーセント)を破った中道独立系候補エマニュエル・マクロン氏、歴代最年少となる39歳で大統領となることもそうだし、今まで共和党と社会党の2大政党が政権を担ってきたがそのどちらにも属さない大統領が誕生したフランス、フランスは新時代を迎えたと言いますが、この結果はまた欧米で拡大しつつあるポピュリズム(大衆迎合主義)を食い止めることにだってなります。

得票率は前回より低下したが、それでも74パーセントと言う数字、日本でもこの数字を記録してほしいものだよ。

「長い歴史の新たなページが開かれる。謙虚にフランスに仕える」と勝利宣言したマクロン氏、親EUの立場を取っておりEUにとっても面目躍如したと言いますか、フランソワ・フィヨン元首相をはじめとした他の陣営が「マクロンに勝ってもらわねばフランスの未来に関わる」ってマクロン氏支持に傾いたと言えます。極右の大統領など望んでないってフランスの世論はまともだったと思う。ポピュリズムを掲げるような人間が支持されるようなアメリカとは違うってことも発信すればいいです。

「大多数がEUへの愛着を示した偉大な勝利」とフランソワ・オランド現大統領は今回の大統領選をこう総括したけど、EUへの愛着、設立当初から加盟しているだけに簡単に国民世論は揺るがなかった、EUに対する不満をぶつけるだけで利己的なルペンなんて選びたくなかったってことでしょう。ここはイギリスとはえらい違いだ。

ポピュリズム拡大阻止と言うことにもなった今回のフランス大統領選挙、経済回復と移民・治安対策と言う重要課題にマクロン氏はどう向き合うのか、それと分断した世論の回復も求められます。

theme : フランスの政治と社会
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード