今回のフランス大統領選挙では歴史認識問題も焦点?

かつてないほど盛り上がりに欠けていますが・・・、決選投票を前にこんな話題が出てきました。

引用

<仏大統領選>植民地抑圧も論戦に 和解vs正当化

【パリ賀有勇、ベルリン中西啓介】7日に決選投票が行われるフランス大統領選では、仏領だったアルジェリアなどに対する植民地政策について、中道・独立系のマクロン前経済相が「人道に対する罪」と発言し、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン氏から批判されるなど、歴史認識でも論争となった。新大統領の誕生が、歴史認識にどう影響を与えるかも注目されている。

 フランスは1970年代まで、アフリカやアジアなどに植民地を所有。仏本国からの入国者を優遇し、先住民らに抑圧政策を敷いた。アルジェリアでは54年、不満の高まりが武装蜂起に発展。独立阻止を目指す仏政府と戦争になった。61年にはパリでアルジェリア独立を訴えたデモ隊に警察が武力介入。多数がセーヌ川に放り込まれるなどし死亡した。事件は今も仏国内でタブー視され、正確な犠牲者数は不明だ。

 マクロン氏は2月、アルジェリアを訪れ、旧植民地政策について「人道に対する罪だ」とテレビのインタビューで発言。仏政府はこれまでアルジェリアに対して謝罪しておらず、大統領候補としては踏み込んだ発言だ。

 マクロン氏を痛烈に批判したのがルペン氏だ。FNはアルジェリア戦争に従軍経験があるルペン氏の父ジャンマリ氏が創設した経緯から、植民地政策の「肯定」が党是。マクロン氏の発言を受け、ルペン氏は植民地時代を否定する歴史観を「マゾヒズム」と批判。「フランスは植民地に文化を与えようとした」と述べ、正当化した。

 仏国内では長年、植民地政策をどう総括するか、世論が二分されてきた。2005年には保守派の主導で「仏植民地支配を肯定する法」が成立。アルジェリアなどでの植民地政策について、学校教育で「肯定的役割」を教えるよう記した法律の条項は世論の強い反発を招き、シラク大統領(当時)が翌年この条項を廃止している。

 第二次世界大戦後、旧植民地からフランスに多くの人が移り住み、大都市郊外の低所得者用団地などで暮らしてきた。フランスへの同化政策に従ってきた移民1世や2世以降の世代の中には、差別などから孤立を深めてイスラム過激思想に染まる若者も後を絶たず、社会問題化している。

 長期的なテロ根絶のために、植民地政策の状況解明や謝罪が必要だという意見は、左派の間で根強い。

 フランス出身で、独ビアドリーナ欧州大のトマ・セリエー客員教授(歴史学)は「和解政策の重要性を説いた哲学者ポール・リクエール氏の元助手でもあるマクロン氏は、和解に向けた強い意志を感じさせる」と分析。「若者の意見を代表するマクロン氏と、アルジェリアでの拷問疑惑がある父を持つルペン氏の対立は、仏国内の世代間論争という側面もある」と語った。

 最終更新:5/6(土) 12:36 「毎日新聞」より
今のところ中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相が支持率でFN(国民戦線)のマリーヌ・ルペン候補を上回っている今回のフランス大統領選挙、この前のテレビ討論では国民無視の「舌戦」を展開して昨年のアメリカ大統領選挙のような状況となって、レベル低下が懸念されてますが、何とここでアルジェリアなど植民地政策についての歴史認識について論争に発展したようです。
大統領を決める選挙で歴史認識問題が焦点になるのって、異例も異例だ・・・。

マクロン氏がアルジェリアなど植民地支配した国に対する行為を「人道に対する罪」と非難したけど、これに対してルペン氏が批判し「フランスは植民地に文化を与えようとした」と反論したが、歴史認識問題がフランス大統領選挙のテーマになるって、フランスが抱える課題の一つだったんですね・・・。日韓だけのものじゃないと私は指摘してたが。

知っての通り、フランスは19世紀から1970年代までアジアやアフリカに多数の植民地を持ち、そこで現地の住民を抑圧して虐殺も行い続け、その不満が高まって植民地だった一つ・アルジェリアで1954年に武装蜂起、独立戦争へとつながるわけだが、1961年にパリでアルジェリア独立を訴えるデモ隊に警官隊が武力鎮圧、多数の死傷者を出したことでフランス現代史におけるタブーにもなっているが、ドイツ史におけるナチスと同様「黒歴史」として伏せてきたけど、その黒歴史に向き合わねば今の問題を解決できないってマクロン氏は踏み込んだんでしょう。
多分マクロン氏は「我々がかつてアジアやアフリカでしたことは、ナチスによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)よりも残酷だった」って思ってんじゃ・・・?

植民地政策の影響か、第2次大戦後アルジェリアなど旧植民地から多数の移民が入ってきたフランス、しかし差別や偏見から孤立して過激思想へとつけ入る者が出て、一昨年のパリ同時テロや12年前の大暴動の原因にもなるなどフランスが抱える問題を作ったことは事実だが、植民地政策は今日のフランスにとってどんな影響をもたらしたのか、肝心の国民一般はどう思ってるんだろう。その疑問に応える形で歴史認識問題が出てきたと言える。

過去にフランス政府は「仏植民地支配を肯定する法」なる法律を施行したものの、世論の反発を受け廃案となったが、世論はイザ知らず旧植民地から反発を喰らうことを懸念したんでしょう。仮にやれば旧植民地から「ユダヤ人虐殺を否定・正当化することを禁止して、我々に対する植民地政策を正当化するのは差別だ!!」って批判が起こってもおかしくない。
にも関わらず、植民地政策に対して一度も謝罪していないフランス、旧植民地に許しを請うことは悪いことではない。今の問題のルーツはかつての植民地政策にあるからそれに向き合うことは正しいとする意見が左派を中心に多いものの、謝罪すれば別の問題が出てくるからなかなか謝罪に至らないんでしょう。かつて自分たちはドイツを許したように、植民地だった国に許しを請わねばいけないとマクロン氏は言うものの・・・。

赦しを乞うか、いやいや未開の地に文明を与えたんだから正しい!! と正当化するか、フランスにも存在する歴史認識問題、国益かそれとも人間の尊厳か、その狭間で揺れるフランス、これが今まで白人優位だった歴史認識にも綻びが見えればいいけど。

theme : 歴史認識
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード