重要参考人の女性が自殺?

ゴールデンウィーク中に起こったこの凶悪事件、これでは事件の真相が有耶無耶になりかねないです・・・。

引用

親子死傷、聴取後に女性自殺…「捜査は適正」

 愛媛県今治市の市営団地で3日、住人の高齢親子が刃物で切りつけられて死傷した事件で、県警は5日、参考人として任意で事情聴取していた近所の30歳代の女性が自殺したと発表した。

 遺書があったという。県警は「聴取と死亡との因果関係は分からないが、捜査は適正だった」としている。

 県警によると、今治署で4日午後1時半頃から、殺人容疑などで女性の聴取を開始。同10時半頃終了し、家族の元に帰した。5日も聴取する予定で、捜査員が午前9時頃、同市内の関係先まで迎えに行ったところ、家族が室内で死亡している女性を見つけた。そばに遺書があったが、県警は内容を明かしていない。

 事件は3日午前9時頃発生。同市室屋町の市営団地の一室で、岡本久行さん(70)と母親のユキエさん(92)が女に刃物で襲われ、ユキエさんが死亡、岡本さんは重傷を負った。女は逃走し、岡本さんは「知らない中年の女だった」と話した。

 2017年05月06日 07時36分 読売新聞
愛媛県今治市の市営団地で、住人の92歳の女性と70歳の息子が何者かによって刃物で切られて死傷すると言うおぞましい事件があり、女性は死亡、息子は重傷を負う痛ましいことになったけど、息子のほうが供述で「知らない中年の女だった」と話しており、愛媛県警今治署は同市在住の40歳の女性を参考人として事情聴取したが、その女性が何とその後自殺したっていいますから、全くわけが分からなくなりました・・・。

またその女性は30歳代と言うことで、被害者である息子の「知らない中年の女性」って言う供述と何か違うような気がします・・・。

殺人容疑でその女性を聴取し、その後家に帰したけど、5日に聴取する予定で今治署の捜査員が迎えに行った際、その女性は自殺、遺書は見つかったものの内容を愛媛県警は明かしてないが、被疑者のプライバシーを考慮して公表してないんでしょうか。

「聴取と死亡との因果関係は分からないが、捜査は適正だった」と愛媛県警は言ってますが、ホントに適正だったかは謎だ。
おそらくその女性は一方的に警察から容疑者扱いされて、それで精神的なショックを被ったことで自殺したとなれば、警察の対応に批判が集まってもおかしくないし、真犯人がどこにいるのかすら分からなくなり市民の不安だけが残ります。これじゃダメだよ。

現場は市営住宅、これがマンションみたいに監視カメラが設置されていたらホントの犯人が分かると思うが・・・!?

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード