被災地に“お詫び”行脚ですか?

前任者の「不適切」発言を陳謝する目的だけですか?

引用

安倍晋三首相、宮城県の被災地訪問 今村前復興相辞任後、初めて

 安倍晋三首相は2日午前、東日本大震災の復興状況確認のため、宮城県を訪れた。震災被害に関して不適切な発言をした今村雅弘前復興相が辞任してから初めての被災地視察となり、被災地への信頼回復を図るとみられる。

 安倍首相の被災地訪問は4月8日の福島県以来34回目で、宮城県は12回目。 

 安倍首相は最初に南三陸町を訪問。視察は吉野正芳復興相とともに行われた。同町では仮設を経て今年3月にオープンした「南三陸さんさん商店街」で店員らと交流した後、津波で町職員ら43人が犠牲となった旧防災対策庁舎に足を運んだ。

 午後には女川町の商業施設や石巻市の復興祈念公園などを回り、東松島市では1月に高台に校舎が移転した宮野森小学校で児童らを激励する。津波で甚大な被害を受けた名取市閖上地区では、慰霊碑への献花が行われる。

 最終更新:5/2(火) 11:52 「産経新聞」より
2日午前に宮城県を訪問した安倍晋三総理、さきの今村雅弘前復興相の「東北でよかった」発言を陳謝する目的もそうだし、吉野正芳衆議院議員に復興相を任命して初となる被災地訪問と言うことだが、何の目的で被災地を訪問するのかですね。

先月8日以来となる被災地訪問、今回の目的はさきの今村前復興相の発言を“お詫び”して被災地への信頼回復が狙いだけども、ただ前任者の言動を詫びたところで被災地感情が簡単には変わらないと思う。
むしろ「こんな人間を復興相に選んだあんたが悪い!!」って批判が来てもおかしくない。

任命責任は棚上げしてただ陳謝するだけ、政権にバツの悪いことが起こると被災地訪問、正直言ってただのアピールに他ならないし、ただ行っただけじゃ中身を全く伴わないもいいところで、これでは“ただ”福島第一原発に行った菅直人と何ら変わらないし、自民党、いやさ自分の為だけに行って半ばふざけてるもいいところです。これじゃ被災地に寄り添うなんて言えるレベルではない。

未だ遅々として進まない東北の復興、その原因の一つが政争の混乱なんじゃねェのかと思う。
前任者の言動をお詫びすると言うなら、そんな人間を復興相に起用した安倍総理がお詫びしたところで世論、いや被災地に響くかどうかは微妙です。今村前復興相は加藤哲郎と同類、何の実績もなく問題発言のイメージしかないってことで。

theme : 安倍晋三を斬る。
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード