今までの復興相について

東日本大震災について「東北の方でよかった」なんて不謹慎極まりない発言をしたことで辞任へと追い込まれた今村雅弘前復興相、後任として吉野正芳衆議院議員が就任したけど、今村前復興相もそうだし、今までの復興相は正直言って問題発言や不祥事もあってまともに務めを果たしてないまま呆気なく辞任しているのが多いが、今回の吉野氏は福島県選出と言うこともあり「被災者に寄り添う」と言う当たり前のことを期待したいです。

初代復興相・松本龍氏は「知恵を出す奴は助けるが、知恵を出さない奴は助けない」と言って世間からブーイングを浴び、その後任の平野達男氏は「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカもいます」なんて東北選出にも関わらず不謹慎極まりない発言をしてこれまたブーイングを浴びて辞任へと追い込まれたし、これまで民主党政権だったから2012年の師走選挙で自公連立政権に戻ってちょっとはまともになるんじゃないかと思ったが、高木毅氏は下着ドロ疑惑や公職選挙法違反で評価を落として辞任へと追い込まれ、その後任として就任した今村雅弘氏はフリーの記者を恫喝したり、前述の「東北の方でよかった」と言う発言で辞任に追い込まれたように、どうも今までの復興相は問題ばかり残して何の務めをせず辞任と言う結果に終わってますが、こんな人間が閣僚になっていいものかと思うし、しいては政治家の質の低下すら憂いたくもなるものだ。
今村前復興相の発言は逆にそれを利用してアピールと言うことにもなったが・・・。

何の実績も残さず問題発言で世間からブーイングを浴び、辞任に追い込まれた。正直大臣と言う要職にありながらケジメと言うか自覚も持てないでなぜ大臣になったのか? これには内閣の責任を問われても仕方ないが、被災地に寄り添おうとせず自分の保身しか考えない典型的な「自分だけ人間」でしかないけど、自分の言動に責任と言うかケジメも持てないで自分の思ったことを感情的になってしゃべってしまう。これでは良識ある大人とは言い難い。
欲しいのは大臣の肩書、それではダメだ。

「ベンチがアホやから野球がでけへん!!」発言で引退へと追い込まれた元プロ野球選手・江本孟紀氏や「巨人はロッテより弱い」発言で世間から叩かれてそのイメージが今もつきまとう元近鉄・加藤哲郎氏など、何気なく言ったことでもマスコミに大々的に報じられて結果世間から叩かれることもあるが、今村雅弘といい松本龍といい、どちらかと言えば後者と同じでしょう。何の実績も残さず問題発言のイメージしかないのって。江本は実績を残したが加藤はそうでもない。

被災者に寄り添おうとせず自分のことしか考えないで何が復興相だと言いたくなる今までの復興相だが、吉野氏はそのイメージを払拭してほしいものです。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード