決戦はマクロン対ルペン

フランス、そしてEU(ヨーロッパ連合)の命運をも左右する大統領選挙の投票を迎えました・・・!!

引用

仏大統領選 マクロン、ルペン両氏が決選投票進出へ

【パリ=宮下日出男】フランス大統領選の第1回投票は23日、投票を終了し、開票が行われた。

 国営テレビは出口調査などに基づく開票結果の予測として、独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が得票率23・7%、極右、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(48)が21・7%で、5月7日の決選投票に進出する見通しだと報じた。

 最大野党の保守系、共和党のフランソワ・フィヨン元首相(63)と共産党が支持する急進左派ジャンリュック・メランション氏(65)の予想得票率はともに19・5%。与党の左派、社会党のブノワ・アモン前国民教育相(49)は6・2%にとどまった。

 最終更新:4/24(月) 8:00 「産経新聞」より
フランス大統領選挙の第1回投票を迎えた23日、ポピュリズムと言うか自国第一の嵐に乗っかる形で支持を集めている極右・FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペン党首と、右にも左にも属さない中道路線のエマニュエル・マクロン前経済相、さらに共和党からフランソワ・フィヨン元首相「第3の男」急進左派でルペン同様EUに懐疑的なジャンリュック・メランション候補、フランソワ・オランド大統領が所属する与党・社会党のブノワ・アモン全国民教育相の5者が争ってますが、出口調査による開票結果でマクロン前経済相とルペン氏がお互い上位に立ち、来月の決選投票に進めることになりそうです。

言うなればマクロン氏とルペン氏の一騎打ちとなる今回のフランス大統領選挙、オランド大統領が選挙から降りたことから波乱だらけだったけど、中道対極右と言う対決は予想通りかそれとも・・・!?

今回のフランス大統領選挙はEU内でも注視しており、EUとすればイギリス同様EUに懐疑的で脱退も厭わない人物が勝てば由々しき事態を招くだけに、出来ればEU残留を訴える候補に勝ってほしいと願ってますが、EU残留を訴えるマクロン氏支持に回るでしょうね。ルペンになればフランスが出て行く可能性が大きくなるだけに、ルペンが勝つことを望んでないでしょう。

僅差でマクロン氏が上回ってますが、ルペン氏が拮抗する結果にもなっており、これはまたフランスの世論が2分してるってことだろうか。

theme : フランスの政治と社会
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード