ガンバ大阪、スポーツと政治は別だ!!

かつて浦和レッズがやらかした問題を今度は・・・!!

引用

G大阪 全公式戦で横断幕、旗、ゲーフラ禁止 政治思想フラッグ問題受け

 J1のG大阪は21日、ホームゲーム、アウェーゲームを問わず、当面の間、すべてのエリアにおけるG大阪を応援する横断幕や旗(販売しているものも含む)、ゲート型フラッグ等すべての掲出物を禁止すると発表した。

 16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節・C大阪―G大阪戦(ヤンマー)において、試合中にG大阪側のサポーター席から政治的思想を連想させる旗が掲出され、20日夜にクラブがそのことを公表、謝罪していた。

 クラブは「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」としている。

 掲出物が禁止となるのはJ1リーグ戦だけではなく、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァン杯、天皇杯、G大阪U―23が参加しているJ3リーグを含むすべての公式戦が対象となる。

 関係者によると、C大阪戦で掲出されたのはナチス・ドイツの親衛隊のマークに似た「SS」マークの旗。数年前にも類似したケースがあり、掲出したサポーターグループに対して掲出は不適切であると警告。当時、サポーターグループに政治的な意図はなく、警告以降の掲出はなかったというが、再び愚行が繰り返された。今後は、当事者が判明しだい、厳正な対応を行うとしている。

 [ 2017年4月21日 14:17 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今月16日に行われたJ1第7節、ガンバ大阪対セレッソ大阪のいわゆる「大阪ダービー」にて、ガンバ側のサポーター席からナチス・ドイツのSSマークに似た旗が掲げられたことが発覚したけど、これを重く見たガンバ側が20日になって謝罪したけど、謝罪だけでは済まず、横断幕や旗、ゲート型フラッグなどの提出物をJ1リーグ戦のみならず全ての試合において禁止すると言いますから、この旗がいかにクラブに取り返しの付かない事態を招いたことは確かです。

「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」としたが、ハッキリ言ってこんな旗を掲げるような人間がサポーターをやっていること自体問題だし、クラブもそうだし、純粋に応援しているサポーターをも傷つける行為であり許されることではありません。一部のロクでもない人間のせいでクラブにえらい迷惑をかけ、しいてはサッカーそのものイメージをも毀損する言動です。
問題の旗を掲げたサポーターグループに対して不適切だと警告したが、警告だけでは効果がありません。当事者が判明した場合厳正な対応を行うって言うが、スタジアム出禁処分にでもすべきだ。

大体スポーツにおいて政治・歴史・人種・宗教・思想を持ち込んではいけないって常識中の常識なのに、それを全然理解していないとしか思えないが、ましてやナチス、これが海外で報じられたらえらい恥さらしですよ!! 歴史を知らない無知が招いたとなれば余計恥ずかしいを通り越してます。
政治とスポーツの区別も出来ない奴にスポーツを楽しむ資格はありません!!

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード