またパリでテロ!!

一昨年の惨劇が記憶に新しい中でまた・・・!!

引用

パリ銃撃、警官3人が死傷…「イスラム国」声明

【パリ=三好益史】パリ中心部にあるシャンゼリゼ通りで20日午後9時(日本時間21日午前4時)頃、男が警察官に向けて自動小銃を発射し、警察官1人を殺害し2人にけがを負わせた。

 男は現場近くで警察官に射殺された。イスラム過激派組織「イスラム国」系の「アマク通信」は同日夜、「イスラム国」の犯行声明を伝えた。オランド大統領は「銃撃がテロ事件であると確信している」と述べ、テロ専門チームが捜査に着手した。

 フランスでは23日、大統領選の第1回投票が行われる。パリで2015年11月に起きた同時テロの後に発令された非常事態宣言が継続中で、観光名所でのテロ発生は社会に衝撃を与えた。

 2017年04月21日 13時38分 読売新聞
20日夜、フランス・パリの名所であるシャンゼリゼ通りで突然男が警察官に向かって無差別発砲し、1人死亡・2人が負傷すると言う痛ましい事件が起こったが、一昨年の同時テロを髣髴とさせる物騒な事件だけにまたもパリが阿鼻叫喚の場となったようです・・・。

男は別の警察官によって射殺されたが、当然の結果ですよ。無差別乱射犯に「話せば分かる」なんてお笑い草だ。
事件後にIS(イスラム国)系の通信網がISによる犯行声明を出しており、フランソワ・オランド大統領は直ちにテロと断定して専門チームを派遣したけど、またフランスの名所で起こったテロ、非常事態宣言継続中に起こったとなれば市民や観光客にとって気が気でない状況です・・・。

今月23日に大統領選挙の第1回投票を控えるフランス、現在FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペン党首と共和党候補フランソワ・フィヨン元首相、さらに与党・社会党候補エマニュエル・マクロン氏の争いとなってますが、シャルリー・エブド事件や同時テロ、さらに昨年のニースでのテロ、そして今回の事件とIS絡みの事件が起こっているフランスだけに、反移民を掲げるルペン党首支持が高まりそうなリスクもありそうです・・・。
今回のテロ、日本で突然このような事態が起こってもおかしくありませんから、他人事だと見てはなりません。犯人はおそらくイスラム過激派の考えに共感して事件を起こしたんだろうか・・・。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード