武力攻撃切迫事態、ねェ・・・!!

これまで何発も打ち込まれてるから、その対策を打ち出すことは安保上常識ですからね。

引用

領海に北ミサイルなら「武力攻撃切迫事態」検討

 政府は、北朝鮮が日本領海内に弾道ミサイルを発射した場合、自衛隊への防衛出動の発令が可能となる「武力攻撃切迫事態」に認定する方向で検討に入った。

 核・ミサイル開発を進める北朝鮮による挑発行為が増長するなか、適切な防衛態勢を整える必要性があると判断した。

 安全保障関連法では、個別的自衛権の範囲内で自衛隊が出動できる状況を、緊迫度の段階に応じて、〈1〉武力攻撃予測事態(予測事態)〈2〉武力攻撃切迫事態(切迫事態)〈3〉武力攻撃発生事態(発生事態)――の3段階に分けている。

 日本への攻撃の可能性が高まった段階である予測事態では、自衛隊による防御施設の構築などが可能となる。明白な危険が迫る切迫事態では、防衛出動を発令し、自衛隊を前線に配備することができる。実際に攻撃が発生したとみなす発生事態では、個別的自衛権を発動して武力による反撃も可能となる。いずれのケースもこれまで認定されたことがない。

 2017年04月18日 07時12分 読売新聞
北朝鮮によるミサイル発射に対し、日本領海内にもしまた弾道ミサイルをぶっ放した場合自衛隊を出動させて武力行使を容認することも盛り込んだ「武力攻撃切迫事態」を検討することを視野に入れた政府、核やミサイル開発を進める北朝鮮を牽制すると言うか「自分の身は自分で守る」と言う意識から防衛態勢を整備することに“本腰”を入れたみたいです。

これまで日本は北朝鮮によるミサイル発射に対し、自ら武力を用いて阻止すると言う姿勢がなかったけど、このままでは自国の領海及び領土が侵されると言う懸念から、武力を用いてミサイルを迎撃せねばいけないと言う危機管理能力に基づいて武力攻撃切迫事態に認定することを打ち出したが、国の主権と安全に関わるだけに普通だと思うし、領海内にミサイルをぶっ放すって明らかに主権侵害行為だから武力を用いて当然だと思います。
いつまた北朝鮮がミサイルをぶっ放してもおかしくない昨今、国防能力を強化せねば日本のためにならないです。

スイスみたいに「永世中立国だが自前の軍事力を備えており国防意識は強い」ように、日本もそこを見習わねばいけません。少しでも安保面でアメリカ依存から脱却するきっかけにもなればいい話です。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード