犯人はPTA会長 我孫子女児遺体発見事件その2

自分とこの学校の子供に手をかけるなんて信じ難いとしか言い様がありません。

引用

千葉女児殺害、保護者会長の男を遺棄容疑で逮捕

 千葉県我孫子市で3月、ベトナム国籍で同県松戸市六実の市立六実第二小学校3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、県警は14日、リンさんの自宅近くに住む同校の保護者会会長で自称不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 調べに対し、黙秘しているという。

 発表によると、渋谷容疑者は3月24日朝から26日朝の間、我孫子市北新田の排水路に架かる橋の下に、リンさんの遺体を遺棄した疑い。リンさんの遺体は26日に見つかっていた。捜査関係者によると、現場の遺留物と、渋谷容疑者のDNA型が一致したという。県警は、渋谷容疑者とリンさんに面識があったかや、遺体が遺棄された状況、リンさんが死亡した経緯を詳しく調べる。

 2017年04月14日 13時38分 読売新聞
千葉県我孫子市で、ベトナム国籍の小学3年の女子児童が遺体で見つかった事件は、犯人逮捕と言う急展開となったが、その犯人は何と女児の通う小学校でPTA会長を務める46歳の男性だったって言うから、びっくりポンなんてレベルじゃありません。

千葉県警の捜査関係者によれば、現場に残された遺留物と容疑者のDNA型が一致したことで逮捕となったが、容疑者と被害女児に面識があったか、なぜ女児の遺体を破棄したのか追及する方針だけど、当の容疑者は調べに対し黙秘してるって言うからふざけてるのかと言いたくなるし、誰かに頼まれて遺体を運んだのかとも言いたくなる。

それにしても、犯人が女児の通う学校のPTA会長だったなんて地域に与える衝撃は大きいし、容疑者にも家族がいるのに、その人生を滅茶苦茶にしかねない悪事をしたんだから、許し難いとしか言い様がありません。
まして学校、PTA会長が犯人だったことでPTAどころか学校そのものの信用にも関わる大ごとですし、地域の安全を脅かす由々しきことですよ!! 教職員や保護者もそうだが、それ以上に児童の精神的なショックも相当なものです。子供たちを危険や犯罪から守るべき立場にいる側が子供に手をかけるなんて言語道断もいいところだし、物騒な世の中になったもんだと言われるだけです。

theme : 殺人事件
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード