北条、先制弾及び同点弾だ!!

開幕から不振に喘いでいただけに、それを脱却するきっかけとなってほしいところです。

引用

阪神北條が巨倒2発!金本監督以来11年ぶり快挙

<阪神4-3巨人>◇9日◇甲子園

 金本監督待望の長距離砲に育て! 阪神北條史也内野手(22)が、甲子園での巨人戦で1試合2本塁打し、勝利に貢献した。2回に先制の1号ソロを放つと、逆転された直後の7回には芸術的な内角球打ちの同点2ラン。甲子園の巨人戦で1試合2発は、金本が06年に記録して以来11年ぶりで、勢いに乗った阪神は8回、上本の決勝本塁打で今季巨人戦初勝利。勝率を再び5割に戻した。

 北條は心の底から叫んだ。「いけー!」。逆転を許した直後の7回1死一塁。追い込まれてからの内角をえぐるシュートに、腕をたたんでスイング。左翼ポール際に飛んだ打球がフェンスを越え、北條は右手を掲げてガッツポーズした。

 「追い込まれていたし、食らいついていく、それだけでした。体が反応してくれました。打った瞬間いい感じで飛んでいた。(ガッツポーズは)自然と出ましたね」

 値千金の同点2ラン。2回2死には、バックスクリーン左に飛び込む今季1号の先制ソロを放っていた。甲子園の巨人戦で1試合2発。金本監督が現役時代の06年に記録して以来の快挙だ。

 指揮官は「力みでオーバースイングだったので、『コンパクトにバットに当てるだけの感覚でいけ』と言った。その指示を守ったのか分からないが」と笑顔。その上で「3試合ダメだから、すぐに違うヤツ…とはならない選手にはなってきた。そういう評価です」。就任以来、長距離砲の育成をテーマにしてきた金本監督は、「秘蔵っ子」の成長を喜んだ。

 遊撃のレギュラーを鳥谷から奪った昨年、北條はひそかにけがと闘いながら出場を続けた。右足首の捻挫だ。「去年はほんまにやばかった。倒れましたから」と言うほどの重症だった。それでもチャンスをものにしたい一心で、激痛に耐えながら1軍に食らいついた。

 迎えた今季、試合前時点で25打数でわずか3安打。打率も1割2分と不調だったが、復調を印象づける2本のアーチ。「最初全然打てなかった分、これから1打席1打席を大事にして、しっかり打っていきたいです」。若虎の奮闘でG倒に成功。勝率を再び5割に戻した。虎党が待望する生え抜き長距離砲は、順調に芽を出している。

 [2017年4月10日7時52分 紙面から 「nikkansports.com」]より
2回に先制ホームランを放ち、7回には直前に巨人に逆転されるもその裏に同点2ランを放ち、金本知憲監督以来となる甲子園での巨人戦1試合で2ホームランを叩き出した北條史也開幕から低空飛行でレギュラーの座が危うい状況となっただけに、それを払拭しそうな気がします。

「追い込まれていたし、食らいついていく、それだけでした。体が反応してくれました。打った瞬間いい感じで飛んでいた。(ガッツポーズは)自然と出ましたね」と同点ホームランについてこうコメントした北条、2ボール2ストライクと追い込まれた状況で巨人・大竹寛のシュートをとらえて振りぬき、レフトスタンドへと放り込んだわけだが、直前に逆転されて重苦しい雰囲気となっただけに、それも払拭した感がします。ここまで苦しめられてきた大竹を引きずり下ろす一打にもなったし。

北条の同点弾で息を吹き返した阪神は8回裏に上本博紀の勝ち越しホームランで逆転勝ちを収めたわけだが、今まで不振だった北条の復調がチームにいい雰囲気をもたらしたことは間違いない。

不調でも辛抱強く使った金本監督の期待に応える2ホームラン、長距離砲、と言うか掛布雅之氏以来となる自前の大砲育成を掲げる金本監督だけに、北条の復調は「吉報」となってほしいものだ。

1試合で2ホームランを放ってもこの結果に慢心せずに、すぐにスイッチを切り替えて次に挑むことがまず大事です。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード