「主文後回し」ねェ・・・!?

判決を前にこのような事態になる。それだけこの事件の衝撃度は相当なものだったんでしょう。

引用

<元名大生事件>名古屋地裁、主文を後回し

 大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で中学時代や高校の同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(21)=事件当時16~19歳=の裁判員裁判で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、判決言い渡しで主文を後回しにして、判決理由の朗読から始めた。検察側は無期懲役を求刑している。

 責任能力の有無が最大の争点となった。検察側は完全責任能力があったと主張した。弁護側は起訴された全6事件当時に心神喪失だったとして無罪を主張し、名古屋家裁の検察官送致(逆送)決定により起訴されたこと自体が違法だとして公訴棄却も求めていた。

 裁判の被告人質問で元学生は「人が死ぬところを見たかった」「どうしても人にタリウムを投与したくなった」などと供述した。裁判前に3人の医師が計4回の精神鑑定を行い、法廷証言で発達障害や双極性障害(そううつ病)があったとの見方は共通したものの、捜査段階の鑑定医(検察側証人)は「してはいけないことだと分かっていた」、家裁送致後の鑑定医(弁護側証人)は「障害の影響は抑止力が働かない程度だった」と見解が分かれた。

 これを踏まえ、元学生に精神面の障害があった点、人の死や人体の変化に強い関心を抱いていた点で検察側と弁護側に争いはなかったが、障害の程度や事件への影響で主張が対立した。検察側は「障害が各事件に及ぼした影響は限定的だった」として、計画性があり自らの行為の違法性を認識していたと訴えた。弁護側は「発達障害で人の死に興味が集中していたのに加え双極性障害のそう状態で善悪の判断も行動の制御もできなかった」と反論した。

 タリウム事件の殺意も争われ、検察側は「死んでも構わないと思っていた」、弁護側は「死ぬ可能性は念頭になかった」とした。

 元学生の処遇について、検察側は結果の重大さや犯罪性の根深さなどを挙げて「生涯にわたり償うことが必要」と述べ、弁護側は無罪とした上で長期の治療、教育ができる環境に置くよう求めた。

 最終更新:3/24(金) 14:17 「毎日新聞」より
タリウムを用いて同級生を殺害しようとしたり、その後知人の老婆を殺害すると言う残虐な事件を起こした元名古屋大学の学生だった女に対し、24日に名古屋地裁で裁判があったけど、裁判長が判決を出した際に主文後回しにして、判決理由の朗読から始まると言う異例の事態となったが、検察側は無期懲役を求刑しており、検察側の主張に考慮したと言えますが、主文後回しとなった背景はこの事件がいかに衝撃的だったかを物語ります。

この裁判の焦点は被告の女の責任能力の有無だったが、心身喪失とか心神耗弱とかの理由で罪が軽くなるのはおかしいと思うし、まして劇物を用いて殺害しようとする手口は猟奇的かつ悪質性が強いですから、極刑以外あり得ません。精神鑑定したってムダ、人が死ぬところを見たいとか人にタリウムを飲ませたかったなんて考える自体頭がおかしいを通り越してるし、悪辣な犯罪者レベルです。

「生涯にわたり償うことが必要」と検察側は主張したのに対し、弁護側は無罪にして長期治療すべきだと主張したが、どっちみちこの事件の被害者及び遺族が浮かばれるような結果と言えますかね?

興味本位で劇物を使ったり、人が死ぬところを見たいなんて平気で思うようなイカレた奴を社会にのさばらせてはならない。
無期懲役って、いずれ出所する可能性があるし、また同じような犯罪を繰り返して被害者がまた出るだけでしかありません。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → 発達障害? んなもん理由になるか!?

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード