6年目の「3.11」に思うこと

本日3月11日は、東日本大震災が発生した日として震災及び津波犠牲者に鎮魂の祈りを捧げる大事な日ですが、あれから6年目を迎えるに当たり、この事例が横行しているにはほんとに心が痛むでは片付かないです。

それは福島県から避難してきた人達に対する差別や偏見、子供が避難先の学校でいじめを受けると言う非常に人間的に許せない行為が横行しているけど、好きで避難してきたわけじゃないのになんで平然と排除しようとするのか、何で人の痛みを共有できないのか、ホント無神経と言うか利己的で共生共存の精神なんてあったもんじゃないと言いたくなります。
これには福島第一原発事故におけるマスコミの発信にも問題はあるが、それを鵜呑みにして放射能に対する恐怖と無知からこう言う差別や偏見、いじめにつながったのは極めて遺憾じゃ済まないレベルだし、日本人の品格が疑われます。

避難者に対する不当な偏見から来るいじめや差別、もし自分がそうされたらどう思うかと言う意識が薄いことにもあるが、相手を思いやる、理解すると言う当たり前のことが分かってないと言いたくなる。平然とそういうことをする奴らは差別主義者と全く変わらないし、典型的な無神経もいいところだ。今まで社会が人間教育を軽視したツケの成れの果てだ。

改めて日本人は人の痛みを知る、共有する。と言う意識を持たなければ利己的で無神経な人間が増えるばかりで堕落した社会に成り下がる一方です。まして自然災害はいつ自分の身に降りかかってもおかしくないだけに他人事のように見てはいけないのだ。
即ち、自分には関係ないからと言う理由で目を背けてはいけないのだ。そう言う理屈は無知の始まり。

避難者に対する不当な差別や偏見に対する怒りばかりになっちゃいましたが、改めて震災及び津波の犠牲となった人々に哀悼の意を示したいです。改めて「絆」の精神を理解しましょう!!

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード