河田町からお台場へ

今や没落感が見えているフジテレビ、かつてはドラマといいバラエティといい一世を風靡したものが多く視聴率3冠の時代もあったくらいだが、今となってはそれは微塵も感じられない。
今年で新宿区河田町から港区台場、いわゆる「お台場」に本社を移転して20年が経ちますが、初めて見た当時はテレビ局の社屋はここまで特徴的なものだったのかと思いました。
そんなわけで今から20年前の今日1997年3月10日は、フジテレビが新宿区河田町からお台場に本社を移転した日です。

1980年代に「楽しくなければテレビじゃない」と言うキャッチフレーズを掲げ「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」「THE MANZAI」などのバラエティ番組や、バブル期には「同・級・生」「東京ラブストーリー」などのトレンディドラマが軒並み好視聴率をマークするなどヒット作に恵まれたフジテレビ、しかし当時本社があった新宿区河田町では都心回帰構想によりタワーマンション建設が計画されており、折しも臨海副都心開発の話が東京都内で巻き起こり、またフジテレビ内では1984年からお台場移転案が出てきて、当時の鈴木俊一都知事が当時フジテレビの会長だった鹿内春雄に臨海副都心開発の目玉としてフジテレビをお台場に移転することを持ちかけたのでした。そして鹿内は都心を見渡せると言う立地性を評価して移転に乗り気になったのです。
ただ当時フジテレビ内では批判もあったが(レインボーブリッジやゆりかもめ線なんてなかった時代)、河田町に留まるより未発達の地である場所に移転してそこの目玉となろうと鹿内の主張に徐々に賛同していったのだった(ただ鹿内は1988年に亡くなっている)

元々都有地だった場所を間借りしてたが、安価でかつ将来的に値が上がりそうな場所に移転すればいいと言うのは今となっては先見の明があったのか・・・(移転プロジェクトメンバーには日枝久氏もいた)。

1997年3月10日、長年いた河田町からお台場に本社を移転したフジテレビ、新社屋は建築家の丹下健三氏が手がけ、ビルの外観サイズはワイドクリアビジョンの16:9をイメージしたもので、新社屋に費やした額は数千億円にも上ると言われている。

お台場の名所となった新生フジテレビだが、当初こそヒット作に恵まれて好視聴率をマークしたが、2010年代に入ると視聴率不振及び韓国びいきの内容に対する批判も相まって迷走してますが、今のフジテレビにつける薬ってなんでしょうかね?
ちなみに河田町にあった旧本社は解体されたが、本社近くにある別棟は報道系及び緊急時に使用できるシステム施設として継続している。

theme : フジテレビ
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード