バルセロナ、何と4点差をひっくり返す!!

バルセロナはやはり魅せてくれるクラブです・・・。

引用

奇跡を演じたバルサ、ルイス・エンリケ「鍵になったのは執念」「諦めた者はいなかった」

[3.8 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 バルセロナ6-1パリSG]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、バルセロナ(スペイン)はホームでパリSG(フランス)と対戦した。敵地での第1戦に0-4で敗れ、8強進出は絶望的かと見られていたバルサだが、本拠地カンプ・ノウで6ゴールを奪い、6-1で勝利。2試合合計6-5とひっくり返す大逆転劇で10シーズン連続となるベスト8入りを決めた。

 試合後、バルセロナのルイス・エンリケ監督は「このチームはずっと素晴らしかった。大きなリスクをとって、大きなリターンを得た。こういうエンディングはサッカーではたまに起きるものだが、今日、私たちはそれに触れることができた」と劇的勝利を振り返った。英『フォーフォー・トゥー』が伝えている。

 敵地での第1戦に0-4で敗れ、8強進出は絶望的かと見られるなか、この日の試合では後半17分の時点で2戦合計で3-5と引き離された。それでも後半43分にFWネイマールのFKで再び1点差に迫ると、同45分には獲得したPKをネイマールが沈めて、2戦合計5-5。そして後半アディショナルタイム5分にMFセルジ・ロベルトが技ありボレーを沈め、勝ち越した。

 一時は2戦合計3-5に突き放されたが指揮官は「諦めた者はいなかった」と言い切る。「鍵となったのはチーム全体の執念だ」と続けたL・エンリケは「残り5分で3得点が必要となったとき、私たちは諦めず、ひたすら前を向き続けたんだ」と胸を張った。

 最終更新:3/9(木) 9:31 「ゲキサカ」より
UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンにまさかの0-4で大敗したバルセロナ、この結果を見て「さすがのバルセロナもこれまでか」と悲観的な見方しかありませんでしたが、8日に行われたセカンドレグ、舞台は本拠地カンプ・ノウ、ハイリスク覚悟で3-4-3の攻撃的な布陣を敷いて臨んだようです。

前半2点をもぎ取って後半に突入、さらに1点を加えて残り1点差としますが、後半17分にパリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニにゴールを決められ3-5、1点もやれない状況でまさかの失点、ましてやアウェーゴールだけに余計難しいシチュエーションとなった・・・。この時までは誰しもがそう思った。

だがバルセロナは悲観することなく果敢にパリ・サンジェルマンゴールに襲いかかり、迎えた後半43分にネイマールのフリーキックが決まって4-1、その2分後にネイマールがPKを獲得しこれを難なく決めトータルスコアで同点としますが、アウェーゴールの差でまだパリ・サンジェルマンに分があったけど、後半ロスタイムに三度ドラマがあったようです!!
ロスタイム5分にセルジ・ロベルトがボレーシュートを決め6-1、トータルスコア6-5となって勝ち越してこのまま試合終了、後半43分から8分間で3点をもぎ取って逆転勝利、それにしてもこの結果を誰が予想したんでしょうか!!
野球ならイザ知らずサッカーで4点差をひっくり返すって、なかなかないですよ!!

「残り5分で3得点が必要となったとき、私たちは諦めず、ひたすら前を向き続けたんだ」と試合後こうコメントしたバルセロナのルイス・エンリケ監督、絶望的な状況に追いやられても諦めないと言うその執念は見習うべき点です。

一方パリ・サンジェルマン、ファーストレグを4-0で勝利してほぼ決めかけた準々決勝進出がまさか、まさかの逆転負けと言う結末は残酷なんてもんじゃないです。パリに帰ったら相当なバッシングが待っているでしょう。

0-4からの逆転劇で準々決勝に進出したバルセロナ、まさに「神ってる」です。

theme : UEFAチャンピオンズリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード