親告罪なんて必要なし!! 性犯罪には厳罰を!!

法改正でもして厳罰化することが大事ですからね!! 今のこの法律、明治から変わってなかったんだから正直今の時代に合うわけがありません。

引用

性犯罪の「親告罪」撤廃…刑法改正案を閣議決定

 政府は7日午前、性犯罪の厳罰化などを盛り込んだ刑法改正案を閣議決定した。

 被害者の告訴がなくても起訴できるようにするほか、法定刑を強化することなどが柱。1907年に刑法が制定されて以降、性犯罪に関する初めての大規模改正となる。

 改正案では、強姦罪の名称を「強制性交等罪」に改め、これまで女性だけに限定されてきた被害者に男性を加えて、性交の類似行為も対象に含める。

 被害者の告訴が起訴の条件となる「親告罪」の規定は撤廃する。告訴は被害者にとって大きな負担であり、泣き寝入りするケースもあったとされていることから、告訴がなくても罪に問えるようにすることで性犯罪の潜在化を防ぐのが目的。施行前の事件でも、時効を迎えていなければ告訴なしに起訴することが可能と定める。

 2017年03月07日 11時13分 読売新聞
政府が7日午前の閣議にて性犯罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案だが、かねてから性犯罪には厳罰をと言う世論の意見を反映して動いたと言えますが、今の法は明治に制定されて以降全然変えなかったって言うから、正直今頃かとも思います。

現行法では強姦罪となってますが、それを「強制性交等罪」に改称し、男性にも被害対象を当てはめると言うことだけど、性犯罪に性別は関係ないと思います。女性に対する性犯罪は許されないが男性に対するものも同じだ。
またこれまであった親告罪、被害者が告訴しないかぎり起訴出来ないと言う規定で、被害者にとって世間体を気に過ぎるあまり告訴に踏み切れないと言う事例が多発したことを重く見て、告訴なしでも罪に問うべきとして性犯罪の潜在化を防止する狙いはあるけど、被害者の権利を取ると言うことでもあります。犯罪被害者の権利を尊重することもまた社会の常識。今まで親告罪なんてものがあったから犯罪被害者が声を大にできなかったことを考えたら、親告罪なんてものは不要。

一般的なレイプもそうだが、家庭内における性的虐待に対しても適用されることが明らかになってますが、とりわけ18歳未満の者に対するものであれば「監護者性交等罪」「監護者わいせつ罪」なる法律に抵触し処罰されますが、18歳未満の者、即ち子供の権利を重視してのことでしょう。

レイプの場合、今まで刑罰は最長で懲役3年だったのを5年に引き上げ、レイプした上に致死傷させた場合は5年から6年に引き上げるってことだが、これでも甘いような気がします。性犯罪は再犯率が高いってことを政府閣僚は認識してるんでしょうか。
これでは出所してまた同じ犯罪を繰り返すリスクもあるが、私はかねてから言ってることだけど、性犯罪者に対しては去勢かGPSをつけて監視!! あとアメリカのメーガン法のように性犯罪者の情報を公開することも必要だと思う。

theme : 性犯罪・わいせつ事件
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード