やりすぎてる男(小金井市タレント殺人未遂事件裁判)

被害者に精神的な苦痛まで与えておいて、その態度は何だ!! って吐き捨てたくなりますね。

引用

「じゃあ殺せよ」タレント刺傷で懲役17年求刑

 東京都小金井市で昨年5月、大学生でタレント活動をしていた冨田真由さん(21)を刺殺しようとしたとして、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判の第4回公判が23日、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)であった。

 冨田さんが意見陳述を行い、「こんな人を野放しにしないで」と厳罰を求めたが、被告が「じゃあ殺せよ」などと暴言を繰り返したため、途中から検察側が代読した。検察側は懲役17年を求刑し、結審した。

 「傷のない元の体を返してほしい。痛みに耐えていかないといけないと思うと、悔しいし、許せません」

 冨田さんは、傍聴席や被告から見えないよう、検察官席の後ろに置かれたついたての向こう側に座った。顔や首を刺され、舌の神経まひなどの後遺症でうまく口が動かせない。とぎれとぎれながらも、しっかりとした口調の言葉が、静かな法廷に響いた。

 2017年02月23日 13時11分 読売新聞
「傷のない元の体を返してほしい。痛みに耐えていかないといけないと思うと、悔しいし、許せません」、昨年5月に東京都小金井市でタレント活動をしていた女子大学生・冨田真由さんを殺そうと刃物で刺したとして逮捕された28歳の男の裁判が東京地裁であったけど、法廷で冨田さんは事件後精神的な苦痛を受けさらに顔や首を刺されたことでその後遺症にも苦しんでいることに触れ、被告に対する憤りを訴えたようです。

ところがその後!! 被告の男は「じゃあ殺せよ」と暴言を吐くと言う信じられない暴挙に及んだって言うから、法廷と言う厳粛な場でこのような乱暴極まりない言動、被告の男は全然事件を反省していないとしか思えないし、SNSで一方的に好意を持ったはいいがそれを反故にされたことで殺害しようとしたその動機は実に身勝手、かつ被害者に対して全く罪の意識など感じないその無神経を通り越したその態度は言語道断では片付きません!!
あまりの蛮行振りに退廷を命じると言う事態となったが、法廷でこのような悪態を繰り返して退廷される。大阪・池田市の小学校乱入殺傷事件の容疑者と同レベルだよ。明らかにやりすぎてるし、被害者をバカにしているを通り越してます。

検察は懲役17年を求刑したけど、17年じゃ大甘です。200年ぐらい刑務所に入れるか死刑にでもしなきゃ冨田さんは浮かばれません。被害者に相当なPTSDを負わせておいてそう言う態度をとるような人間には更生なんてあり得ないです。
こんな外道は二度と「社会」の敷居をまたいでほしくない。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → プレゼントを返されたことが動機か!?

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード