アゼルバイジャン、大統領夫人が大統領の「右腕」に?

北朝鮮は金正恩の実の兄である金正男を殺害すると言う同じ一族でも骨肉的なものですが、ここは同じ一族でもやりたい放題です。

引用

第1副大統領に大統領夫人、一族支配を強化 アゼルバイジャン

【2月22日 AFP】アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ(Ilham Aliyev)大統領(55)は21日、メフリバン・アリエバ(Mehriban Aliyeva)夫人(52)を第1副大統領に任命した。カスピ海(Caspian Sea)に面し、石油資源が豊富な同国で一族支配をさらに強化する狙いとみられている。

 大きな権限を持つ第1副大統領ポストは昨年の憲法改正で新設された。名門パシャエフ(Pashayev)家に生まれたアリエバ氏は2005年から与党議員を務めており、社交界でも有名。今回の起用により、アリエフ大統領に次ぐ同国ナンバー2の地位に就いた。

 アリエフ大統領は国家安全保障会議の会合で「彼女はプロフェッショナルで、教養や経験、信念があり、高潔だ」と述べた。

 アリエフ氏は2003年、ソ連の国家保安委員会(KGB)の局員だった父親のヘイダル・アリエフ(Heydar Aliyev)氏の後継者として大統領に就任。アリエバ氏はこれまでも夫の後継者と目されることがあった。

 アゼルバイジャンでは昨年、厳格に管理された国民投票を経て憲法が改正された。ただ、野党勢力からはアリエフ家による支配の強化を目的としたものだとの批判が出ていた。

 野党側は今回のアリエバ氏の第1副大統領起用についても、民主主義に反するなどと怒りの声を上げている。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
カスピ海に面するコーカサスの国・アゼルバイジャン、この国では2003年からイルハム・アリエフ大統領による強権支配が続いてますが、そのアリエフ大統領はメフリバン・アリエバ夫人を第一副大統領に任命すると言う動きがあったけど、一族で国家を牛耳ろうとする以外の何物でもないです。アリエフ大統領は元々父親から権力を引き継いだから親子で強権支配、北朝鮮やシリアと全く変わらないな。金正恩もシリアのアサドも世襲権力者だが、アリエフ大統領も同じ。

アリエバ夫人はただの大統領夫人ではなく、現職の議員を務めており政治経験はあるものの、第一副大統領と言う右腕に任命するのって縁故主義もいいところなんじゃねェのか・・・!!
昨年アゼルバイジャンでは国民投票で憲法が改正されたけど、野党勢力からアリエフ大統領一族による支配を正当化しようと批判の声も出てますが、石油で得る利益を傘に「誰がこの国を養ってると思ってんだ」と言わんばかりです。

旧ソ連だったこともありロシア的な価値観が根強いアゼルバイジャン、東ローマ帝国的価値観はコーカサス地方にも広まったんでしょうか。東ローマ帝国的価値観は権力者は神と同等の扱いですから、権力者に異を唱えることは神への反逆にも当たるってことで強権的な政治体制を捨てられないんでしょうね。だから民主主義が根付かない「途上国」なんだと思われておかしくない。

実兄を殺害していい気になる金正恩とは違うが、どっちみちアリエフ大統領も独裁者であることに変わりはない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード