トランプ大統領、改めてメディアの悪口ばかり

日本では金正男暗殺と言う話題で持ちきりですが、アメリカではこっちのほうが最重要ニュースみたいです。

引用

「補佐官辞任はメディアのせい」=報道官の説明と食い違い―米大統領

【ワシントン時事】トランプ米大統領は15日、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の辞任について「素晴らしい男だが、フェイク(偽)メディアに不公平に扱われた。ひどい扱いを受けたのは悲しいことだ」と述べ、報道によって辞任を余儀なくされたとメディアを批判した。

 イスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で語った。

 スパイサー大統領報道官は14日に「フリン氏がうそを言ったことで信頼が損なわれたため、大統領が辞任を求めた」と説明しており、大統領の発言はトーンが食い違っている。

 大統領は共同会見で「情報機関から(フリン氏に関する)ペーパーが漏えいした。犯罪行為だ」と述べ、米情報機関も非難。「関係者は民主党がヒラリー・クリントンの下で喫した(大統領選の)大敗北を取り繕おうとしている」と持論を繰り返した。

 最終更新:2/16(木) 9:07 「時事ドットコム」より
マイケル・フリン大統領補佐官補佐官に就任する前の昨年12月にロシアの駐米大使と対ロ制裁に対する協議をしたとして辞任に追い込まれ、閣僚の突然の辞任と言うハプニングに見舞われたドナルド・トランプ大統領、そのフリン氏の辞任にトランプ大統領は「素晴らしい男だが、フェイク(偽)メディアに不公平に扱われた。ひどい扱いを受けたのは悲しいことだ」とコメントし、フリン氏の辞任はメディアのせいだとメディアを批判したみたいです。

オルタナティブ・ファクト(代替的な事実)を傘にまたメディアを批判したトランプ大統領、ついこの前ケリーアン・コンウェイ大統領顧問が「イバンカ・ブランド購入」を呼びかけて批判を浴びた矢先なだけに、ただでさえ悪いイメージが絶えないトランプ大統領、よけい悪いイメージを助長しそうです。
FBI(連邦捜査局)まで噛みついたトランプ大統領、身内と言うか側近の為なら相手が誰であろうが噛みつく傾向はもはや癖になってるけど、とりわけメディアだと語気を強めて自分は正義だ、メディアは自分を貶めようとしていい気になっていると喚き立てますが、典型的な責任転嫁にしか映らないし、モンスター・ペアレントか特定アジアレベル。

メディアに責任転嫁して自分は悪くない、それは即ち正しいのは自分だ、メディアはウソを言っているから信用するなと有権者にアピールしているとしか言えないけど、メディアのせいにしてウサを晴らして正直現実を見ようとしないで、責任転嫁体質に加えて現実逃避体質なんじゃねェのか、トランプ大統領は。メディアは悪いと言いふらしてそれを国民に刷り込ませて正義は我にありだとプロパガンダを掲げていい気になる、これでは独裁国家と全く変わらない。
これ以上メディアの悪口ばかり言っていい気になってるようじゃ、メディアから訴訟を起こされておかしくない。

国民も国民で、トランプ大統領の一方的なプロパガンダに対して鵜呑みにしないことが求められます(特に支持派)。

theme : 宣伝行為(プロパガンダ)による洗脳網
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード