月2日で1000万ってねェ・・・!!

官僚はこれだから天下りを止められないってことだが、そのお金は国民の税金から出ていることを理解してほしいものです!!

引用

文科省天下り斡旋 嶋貫和男氏「月2日勤務で年収1000万円」に驚きの声

 文部科学省の天下り斡旋問題で、7日に行われた衆院予算委員会の集中審議で参考人として出席した文科省の人事課OBの嶋貫(しまぬき)和男氏(67)が天下り先での厚遇ぶりを認め、波紋を呼んでいる。

 嶋貫氏はこの日、小川淳也議員(民進)から「ドラフトされていた明治安田生命(保険)への顧問就任が実現しているが、実際に勤務形態は月2日勤務で報酬は(年収)1000万円だったのか」と追及された。これについて嶋貫氏は「確かに社の方へ出向く回数は基本的にそうだった。折に触れて行くこともあった」などと出勤回数について述べると「1000万円は」という声が上がり、「金額はその通りでございます」と認めると国会内が「おお~っ」「信じられない」という驚きの声に包まれた。

 これについてツイッター上でも「俺にも天下り斡旋してよ~ 1000万の内1割くらいやるからさ~」「ほかの省庁なども探せば、こんな例がもっと沢山出てくるはずだ」「たくさんの礼金をもらっているでしょうから、脱税の調査はしてほしいわね」などと厳しい批判が寄せられた。

 嶋貫氏は牧原秀樹氏(自民)の「斡旋の中心人物と認定されているが、事実か」との追及に「許される範囲のものと考え、人助けという思いで行ってきたが、監視委員会の報告を受け、自身の認識不足を恥じている。悔いてもいる」と反省の弁を述べた。これについてもツイッター上では「民間の立場で人助けって、そんな道理はない。だったらお金貰わず完全ボランティアでやりなさい」などの批判の声が上がった。

 文科省が6日に発表した調査結果によると、嶋貫氏は人事課で調査官や企画官など要職を歴任し、2009年7月に文科省を退職。保険代理店の顧問や財団法人の審議役に就く傍ら、人事課が作成した退職者リストを活用して再就職の斡旋に関与し13年ごろまでに嶋貫氏と人事課による斡旋体制が形成・拡充された。

 最終更新:2/8(水) 14:30 「産経新聞」より
文部科学省による天下り問題は国会でも問題になっており、8日に行われた衆議院予算委員会の集中審議にて元文科省幹部の嶋貫和男氏が参考人として出たけど、嶋貫氏の口から出たのは何と!? 信じられない事実です。

民進党・小川淳也議員からの「勤務実態は月たった2日で報酬は1000万だったのか」と言う問いに対し「その通り」と答えた嶋貫氏、開いた口が塞がらないとはこのことです。
ツイッターにて批判が殺到したけど、そりゃそうだ。天下りを斡旋し数日だけ勤務でこれほどの額が出るなんて考えられないし、文部科学省以外でもそう言う実態はあるんじゃなかろうかと勘ぐりたくなります。

「許される範囲のものと考え、人助けという思いで行ってきたが、監視委員会の報告を受け、自身の認識不足を恥じている。悔いてもいる」と嶋貫氏は陳謝したが、許される範囲ってねェ・・・!? あなたのしたことは国家公務員法違反なんですよ!? 人助けってそんなの人助けじゃありません!! 月2回だけ勤務で年収1000万円って採算度外視レベルだし、官僚天国もいいところでとんでもない税金のムダ使いもいいところだ。

安倍政権はかつて官僚の天下りを正すと言いながら全然官僚に厳しい態度を取っていないで現在に至ってんだから、この事実を安倍総理はどう見てんですか!? 日米首脳会談のことだけに頭がいっぱいになって他のことを疎かにしていかがなものか!!
官僚OBが変に影響力を持っている弊害がもたらしたこの問題、格差社会が深刻化してるのに自分たちは大金もらっていい気になっている。そして高収入欲しさに天下りに手を染めるんだから、いかに日本の官僚が浮世離れして腐敗しているかを痛感しますね。ルーマニアみたいに抗議デモでも起こってほしいところだ。

theme : 汚職する公務員を解雇せよ!
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード