イスラエル、相変わらず強気!

アメリカのトランプ政権による庇護も影響しているみたいです。
これでますますパレスチナ問題が泥沼化しかねないが・・・。

引用

イスラエルが西岸占領地の無許可入植地を合法化 国会可決、勢い増す推進右派

【カイロ=大内清】イスラエル国会は6日、ヨルダン川西岸の占領地でパレスチナ人の私有地に無許可で建設された入植地50カ所以上について、建設を合法とする法案を賛成多数で可決した。パレスチナ側のみならず、「2国家共存」を支持する欧州各国などが反発を強めるのは必至だ。イスラエルの入植推進派は、親イスラエルのトランプ米大統領の就任で勢いを増しており、パレスチナ側との緊張はさらに高まりそうだ。

 パレスチナ自治政府を主導するパレスチナ解放機構(PLO)は声明で、「パレスチナ人の土地を盗む行為で、受け入れられない」と強く非難した。

 一方、法案の成立を働きかけてきた極右政党「ユダヤの家」の議員らは、トランプ氏が当選しなければ法案は通らなかったと述べ、米国の支持に期待を示した。ネタニヤフ首相は訪英のため投票には参加しなかったが、すでに米側に法案の内容を説明したという。

 占領地での入植活動は国際法違反だが、イスラエルでは当局の許可がある入植地と無許可のものを区別している。今回の法案は、パレスチナ人の私有地に建てられた無許可の入植住宅を合法とするもので、対象は約4千戸に上る見込み。本来の土地所有者には金銭や代替地の補償が行われる。

 法案はイスラエル最高裁で違憲・無効とされる可能性がある。ただ、右派は入植推進を強めるとみられ、国際社会が目指すイスラエルとパレスチナの2国家共存に向けた和平協議はさらに困難となりそうだ。

 最終更新:2/8(水) 8:19 「産経新聞」より
ヨルダン川西岸地区のパレスチナ人私有地に無許可で建設したユダヤ人入植地について「合法」とする法案がイスラエル国会にて可決されたが、入植推進派勢力はアメリカのトランプ政権がイスラエル寄りなところもありそれを追い風に「ここは元々ユダヤの土地だからユダヤ人が住むのは当然だ」と言わんばかりです。

これに黙っちゃいないのがパレスチナ自治政府「パレスチナ人の土地を盗む行為で、受け入れられない」と強く反発したが、イスラエルのしたことは略奪に等しいもので、イスラエルによる実効支配を正当化しようとするものだと言うが、確かにイスラエルのしていることは竹島を自分たちのものだと言わんばかりにアピールする韓国と何ら変わらない。
もう一つはカリフォルニアやテキサスをメキシコからぶん取ったアメリカとも同じだけどな。

だが国際法に抵触することで、最高裁で違憲・無効になりそうだが、右派勢力にすれば「そんなの関係ねェ!!」と強気なもんだからパレスチナとの「2国家共存」を主張するヨーロッパが強く懸念しそうです。だったらパレスチナ問題の原因を作ったイギリスが責任取って対処しろと言いたくなる。
トランプ政権の誕生はイスラエルに変な自信を持たせることとなったが、今のイスラエルがタカ派のベンヤミン・ネタニヤフ政権なこともそれに輪をかけてるからねェ・・・!? アメリカはテルアビブからエルサレムに大使館を移転するって言うし・・・。アメリカ・イスラエルとアラブの対立はさらに強まりそうです。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード