オコエ、バレンティンを真似たってダメ

今年も球春到来です。

引用

楽天・オコエ、バレそっくりフォーム披露も…いきなりおこられちゃった!

 楽天春季キャンプ(1日、沖縄・久米島)楽天・オコエ瑠偉外野手(19)が1日、沖縄・久米島キャンプ初日に、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)にそっくりな打撃フォームを披露した。しかし、ほとんどが差し込まれ、首脳陣から厳しい評価が下された。

 「(同僚の)フェルナンドさんがバレンティンの振りを意識していて、ファームで見ていたから似たのかもしれない」

 打撃投手を相手のフリー打撃では、柵越えがわずか2本。梨田監督は「(98キロに増えた)体重は邪魔していないが、下半身が使えていない」と厳しく、池山チーフコーチも「緩い球は打てても1軍クラスの球は打てない」と斬り捨てた。

 前日31日は胃腸炎の疑いで発熱し、合同自主トレを欠席。それでもこの日は「気合が入っているから大丈夫」とフルメニューをこなした。

 1年前の初日は打球が前に飛ばなかったが、スポンジのような吸収力で開幕1軍を勝ち取った。病み上がりを考慮すれば1日で判断することはできない。オコエも2年目の余裕からか、「外角球が全然打てなかったけど、タイミングは前より取れてきた」と前向きだった。

 2017.2.2 05:02 「サンケイスポーツ」より
久米島でキャンプを張る楽天、岸孝之や細川亨の加入もあり戦力に厚みが出てますが、一方で今年はシーズンを通じて1軍定着できるかの2年目を迎えるオコエ瑠偉、前日にいきなり胃腸炎で合同自主トレを休んだことでキャンプインと同時にその遅れを取り戻そうと躍起になっています。

そこで取り入れたのがヤクルトのウラディミール・バレンティンの打撃フォームで、持ち前のバネの良さに加えてパワーを追加しようと取り入れたみたいだが、結果は柵越えたった2本でほとんどは当たり損ねと言いますから、ハッキリ言って「ダメじゃん」って言われておかしくないです。
そんなオコエについて池山隆寛チーフ打撃コーチは「緩い球は打てても1軍クラスの球は打てない」と辛口評価を下したが、あんなバッティングフォームじゃダメ。ってシンプルな意見に取れます。梨田昌孝監督も「(98キロに増えた)体重は邪魔していないが、下半身が使えていない」と腕っ節だけでダメ。と指摘したみたいです。
確かに腕っ節だけで下半身を全く使わないフォームは荒削りもいいところですからね。

ハッキリ言って、他のバッターの真似をしたところで良くなるとは限らないと言うことを痛感するものだが、変にフォームをいじって自分のスタイルが分からなくなって伸び悩むと言うことになりかねません。

「外角球が全然打てなかったけど、タイミングは前より取れてきた」とダメな結果に終わっても前向きなオコエではあるものの、他人の真似をしてレベルアップしようと言う考えはダメだと思う。変にパワーヒッターを目指しては自分のスタイルを見失うだけだ。
期待されているからこそこう言うダメ出しもあるってことだ。変にパワーヒッターを目指さず走攻守バランスの取れた選手を目指したほうが自身の為です。

theme : 東北楽天ゴールデンイーグルス
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード