円安批判は「的外れ」

言いたい放題のあの人に、日本政府も黙っちゃいない?

引用

トランプ氏の円安批判「全くあたらない」…菅氏

【ワシントン=山口香子、ベルリン=井口馨】トランプ米大統領が、「通貨(円)を安くしてきた」などと日本の為替政策を批判したことに対し、菅官房長官は1日の記者会見で、「(トランプ氏の批判は)全くあたらない」と反論した。

 ただ、トランプ氏が大統領に就任後、円相場に言及したのは初めてで、10日に予定される日米首脳会談では、為替政策が議題となる可能性が出てきた。米高官はドイツを念頭に欧州通貨ユーロにも批判の矛先を向けており、「ドル高是正」をめざすトランプ政権の強硬な姿勢が鮮明になっている。

 トランプ氏は、大手製薬会社の首脳らと1月31日に開いた会合で「他国が米国につけこんで通貨安誘導を行ったから、製薬会社が米国で薬を作らなくなった」などと話し、日本に言及した。

 2017年02月01日 13時15分 読売新聞
「日本は円安に導いて為替を操作している」と名指しで批判したアメリカのドナルド・トランプ大統領、これが1日の円及び日経相場にも影響が出ているけど、これについて菅義偉官房長官は定例の記者会見で「全くあたらない」と日銀による規制緩和が円安に導いていないと主張したようです。

トランプ大統領の発言が金融市場に影響をもたらしている昨今、日本としては為替の変動を注視して行くとは言うものの、トランプ大統領のこの発言は責任転嫁であり的外れだと思うね。
自動車を巡る問題も、日本の市場は不公平だなんて言うトランプ大統領、アメリカは自国の自動車を海外に輸出する際に当事国の事情を見ようとしないから売れないのであって、日本はアメリカに自動車を輸出する際にはちゃんとアメリカの事情に合わせて作ったものを売ってるんだから、自国の尺度でしかものを見ない近視眼的な考えに他ならないです。

今まで日本はアメリカべったりで利益に関わる批判に対しても反論しなかったが、円安を誘導しているなんて言いがかりには反論したほうが正しい。自国ファーストを掲げ他国を尊重しようとしないトランプ大統領の姿勢を見て、日本もそろそろアメリカべったり体質を考え直したほうがいいと思います。
イギリスではテリーザ・メイ首相に対して国民から「アメリカ追随を止めろ」「トランプには近づくな」って批判の声が挙がってるんだから、日本でも「安倍総理はいい加減アメリカ依存と追随姿勢を卒業しろ」「アメリカの言いなり政治はもううんざり!」って反論の声が挙がってほしいものだ。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード