障害者差別は「ヘイトスピーチ」

神奈川県相模原市にある知的障害者施設「やまゆり園」で起こった無差別殺傷事件から半年が経つけど、あの事件は未だ世間に深い衝撃を与えた上に障害者の権利をも考えさせるものにもなったが、改めて障害者に対する理解と共生共存意識を社会で持つべき課題を突きつけるものである。

この事件を起こした男は「障害者などいなくなればいい」などと選民思想的な価値観にもとづいてやったが、障害者の権利を踏みにじると言う悪辣で人間性の欠片などこれっぽっちもないで、断固として許し難い犯行であり絵に描いた危険人物以外の何物でもないと思うね。
この男は衆議院議長宛に「障害者を安楽死させる法律を作れ」なんて言う主張を送ったが、ハッキリ言って人の命を軽んじる残酷極まりない考えもいいところで、テロや凶悪犯罪を予告する言動に匹敵するレベルだ。監視対象になっておかしくない。

社会的弱者の権利などどうでもいいなんて言う利己的にも程がある言動、自分より立場の弱い人間をつかまえて人権侵害まがいの行為に訴えるのは排外主義であり、白人至上主義者と何ら変わらない、頭ン中が相当おかしいとしか思えないしこう言う危険な考えを持つ人間をなぜ社会はのさばらせるのか、疑問だって出てきた。
私は思うに、この男の言動はいわゆるヘイトスピーチ以外の何物でもないと思っている。
障害者と言う社会的弱者を平然とバカにしているを通り越しているし、差別と偏見に満ちた悪辣な思想で今回の襲撃事件もヘイトクライムに基づいています。アメリカでドナルド・トランプ氏が大統領になってから白人優越が背景にあるヘイトクライムが目立っているが、ヘイトクライムに基づく殺傷事件は人種差別と選民思想に基づくもので悪辣極まりない。そんな考えを有り難がる人間は頭ン中おかしいを通り越しているし、むしろそういう人間こそいなくなってほしいし、社会的に追放したほうが社会の為でもある。現在のドイツではナチスを美化・正当化するような言動は社会的に追放レベルなことがそれを物語ってはいるものの。

社会も社会で、障害者に対する理解をすすんで持とうとせず変に偏見を抱いて拒絶も厭わないきらいもあるが、正直人権意識の欠如にあると思うし、同じ人間なのにこうも差をつけて扱うのか、いつから思いやりと共生共存の精神が薄くなったのかと嘆かわしくもなる。競争競争で相手を思いやる意識を疎かにしたからこう言う価値観がまかり通るようになったんじゃないのかと重く考えるべきだ。
障害者に対する不当な偏見が行き過ぎてヘイトスピーチに走り、ヘイトクライム的な思想が起こした今回の事件、ヘイトスピーチを規制する法律を政府は進めているが、だったら障害者などの社会的弱者やLGBTなどの性的マイノリティーに対するものにこそ適用すべきだ、在日朝鮮・韓国人に対するもの以上に。

相模原市の障害者施設での無差別殺傷事件はヘイトクライムに基づく思想が背景にあると思うし、障害者に対する差別的な言動はヘイトスピーチであり、社会全体で監視対象にでもしなければまた同じような事件を繰り返すのがオチ、障害者などの社会的弱者の権利を平然と侵害するような言動はヘイトスピーチ規制法に基づいて厳罰に処すべきである。

theme : 差別問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード