安倍総理VS蓮舫 in参議院

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)・共謀罪など様々な課題がある中始まった各党代表質問ですが。

引用

民進・蓮舫代表vs安倍晋三首相、参院でスタート 「自民もプラカード掲げ反対行動」

 安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が24日午後、参院本会議で始まった。民進党の蓮舫代表は、国会論戦のあり方や働き方改革、経済政策などをめぐり首相を追及した。

 首相と蓮舫氏の対決は昨年12月の党首討論以来。

 蓮舫氏は、首相が施政方針演説で「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」と述べたことに触れ、「われわれの行動に問題があるという批判は真摯(しんし)に拝聴するが、自民党が野党だったころ、同じようにプラカードを掲げ反対行動をとった」と指摘した。

 首相は「自民党だけを正当化する考えは毛頭ない」と強調した上で、「自民党は厳しい野党時代、全国各地で国民の声に耳を傾け、それを糧に生まれ変わった。今後も不断に自らの行いを省み、緊張感をもって自己改革に努める」と切り返した。さらに「(施政方針演説で述べた内容は)あくまで一般論であって、民進党のことだとは言っていない。思い当たる節がなければ、ただ聞いていただければいい」とたたみ掛け、蓮舫氏は苦笑を浮かべながら聞き入るほかなかった。

 蓮舫氏に続いて質問に立った自民党の吉田博美参院幹事長は、働き方改革や外交・防衛政策について政府の方針をただした。

 午後は衆院で代表質問があり、公明党の井上義久幹事長、共産党の志位和夫委員長、日本維新の会の馬場伸幸幹事長が質問に臨む。

 最終更新:1/24(火) 11:41 「産経新聞」より
昨年12月に党首討論して以来の対決となった自民党・安倍晋三総理と民進党・蓮舫代表、施政方針演説などに対する各党党首による代表質問にて相見えましたが、蓮舫代表は国会論戦のあり方や経済政策などに言及して安倍総理に応戦したみたいです。

「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」と安倍総理が施政方針演説にて述べたことを突いた蓮舫代表「われわれの行動に問題があるという批判は真摯(しんし)に拝聴するが、自民党が野党だったころ、同じようにプラカードを掲げ反対行動をとった」と自分たちだって野党時代同じことしたんじゃねェかと反論したが、ハッキリ言って説得力がない。
「自民党は厳しい野党時代、全国各地で国民の声に耳を傾け、それを糧に生まれ変わった。今後も不断に自らの行いを省み、緊張感をもって自己改革に努める」と安倍総理はこう反論したけど、野党時代に国民の意見に耳を傾けたことで政権奪取したと主張したが、蓮舫代表以下民進党は「何も言えねえ」でしょう。政権与党時代のしくじりを全然未だに学んでないんだから。

ハッキリ言って相手の痛いところばかり突いて下らない舌戦を展開してるとしか思えないし、こんな低レベルな内容では国民を白けさせるだけでしかない。
かつてのしくじりは棚に上げて相手を批判する民進党、だから支持が集まらないし与党がどんどん強くなる一方なんだよと言いたくもなります。民進党議員は全員テレビ朝日系の「しくじり先生」を見たらどうよ!? 批判ばかりで自分たちなりの有意義な主張をしない、これじゃダメだし、まるで阪神が暗黒期だった頃のフロントとどっこいどっこいだ。

働き方改革や国防問題もだけど、格差問題や議員定数削減問題など身を削る対策にも触れてほしいものだ。
安倍総理以下自民党に対しては、自分たちのしたいことばかりに目が行かないようにしたいところだ。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード