稀勢の里がついに横綱に

初優勝から一夜、長く待っていた瞬間をあっさり迎えました。

引用

稀勢の里、新入幕から73場所の横綱昇進は史上最遅

 初場所で初優勝した大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の第72代横綱昇進が事実上、決まった。東京・両国国技館で23日に開かれた横綱審議委員会で、満場一致で横綱に推挙された。25日の春場所番付編成会議と臨時理事会で正式に誕生する。

<稀勢の里昇進メモ>

 ◆スロー昇進 新入幕から所要73場所での昇進は昭和以降最も遅い。初土俵から89場所は昭和以降3番目のスロー記録。1位は三重ノ海の97場所。大関通過に31場所を要したのは昭和以降3番目の遅さ。

 ◆年長昇進 30歳6カ月での昇進は昭和以降7番目の年長。最高齢は吉葉山の33歳9カ月。

 ◆茨城県出身 茨城県からは1936年夏場所新横綱の男女ノ川以来、81年ぶりの横綱誕生。同県出身としては稲妻、常陸山を合わせ4人目。出身地別の最多は大鵬、北の湖、千代の富士らの北海道で8人。

 ◆田子ノ浦部屋 2013年12月に現在の名称になった田子ノ浦部屋からの横綱は、1989年2月に創設された前身の鳴戸部屋時代を含めて初めて。二所ノ関一門からは、二子山部屋の3代目若乃花以来、19年ぶり。

 [2017年1月24日9時42分 紙面から 「nikkansports.com」]より
悲願の初優勝を果たし、いつ横綱昇進してもおかしくない状況となった大関・稀勢の里、そんな稀勢の里に対し横綱審議委員会は23日の理事会で満場一致で横綱に推挙されたが、昨年は年間最多勝を取るなど安定した内容も評価されたんでしょう。それでさきの初場所で初優勝したと言うことで間違いなく横綱に値すると横綱審議委員会に評されたと言えます。

30歳6ヶ月で横綱昇進、遅い部類に入るけど大関昇進後足踏みし続けたからですし、新入幕から73場所も費やしたことが物語ってます。
最も優勝と言うか横綱に近い日本人と言われながら、勝負弱さが目立って迷走しただけに、初優勝を決めた時は涙を流したけど、ここまで来るのに苦労したと思うしなぜもっと早く優勝出来なかったんだと言う意味もあるのでは?

昨年6場所で安定した成績の上、今年初場所で優勝、1回優勝しただけでの横綱昇進には賛否あるけど、今後横綱としてどんな内容と言うか結果を残すのかにかかってます。
日本人横綱待望論と白鵬の衰え、日馬富士と鶴竜の低迷が相まって横綱昇進となった稀勢の里、21世紀になって初の日本人横綱と言うから、期待したいです。

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード