「天下りさせた責任を取ります」

これだから官僚ってのはけしからん!! って言いたくなりますね。

引用

前川・文科省次官が辞任の意向

 文部科学省が元幹部の再就職を組織的にあっせんしたとして国家公務員法違反の疑いが浮上した問題で、同省の前川喜平次官(62)が責任をとって辞任する意向を固めたことが19日、わかった。

 複数の関係者が明らかにした。一方、政府の再就職等監視委員会は同日にも、問題の調査結果を文科省に通知する。同省はそれを受け、前川氏を含む幹部ら7人を懲戒処分とすることを検討している。

 この問題は、同省の元高等教育局長が2015年8月に退職し、同年10月に早稲田大の教授に就任した際に同省によるあっせんがあったとされるもので、同監視委員会が調査中だ。前川氏は、元局長が退職した15年8月当時、教育行政全般を統括する文部科学審議官だった。次官には16年6月に就任した。

 2017年01月19日 11時36分 読売新聞
文部科学省による元幹部の再就職斡旋行為で、前川喜平次官が辞任することみたいだけど、次官の辞任で住む問題だろうかと思うし、文部科学省と言う組織そのものの自浄能力と言うかコンプライアンス能力を問いたくなるものです。

政府の再就職等監視委員会が捜査に及んでいる中での辞任、それで批判をかわせるとでも言えますか?

文部科学省の元高等教育局長が一昨年8月に退職した際に、同年10月に早稲田大学の教授に就任したけど、明らかに天下りもいいところで国家公務員と言うか官僚はそうやってすぐに復職できると言う風潮を曝け出したと言えるけど、辞めた人間に対して甘いんじゃないかと思うし、一般企業とは常識が乖離していると思います。
まして早稲田大学、文部科学省による斡旋と知りながらその人を教授に起用した責任はどう取るのだろうか。

前川次官は辞任したけど、辞任したところで世間から冷ややかな目で見られそうです。
「どうせしれっとどこかに天下りするんだろ」「だから官僚はあざと過ぎんだよ」ってね。前川次官は国家公務員法違反で逮捕されたほうが世間の為だと思うよ。文部科学省は前川次官以下斡旋に関わった幹部を懲戒処分するつもりだが、大甘処分では余計世論を怒らせるだけで何もならないです。

theme : 汚職する公務員を解雇せよ!
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード