嘉門達夫、「森のくまさん」の替え歌問題に言及

替え歌と言えば間違いなく出てくるこの人ですが、それに絡む問題についてはごもっともな立場です。

引用

「森のくまさん」問題、嘉門達夫が引っ張りだこ

 お笑い芸人パーマ大佐(23)による童謡「森のくまさん」の替え歌の芸を収録したCDがオリジナルの日本語訳詞者の権利を侵害しているとされる問題で、替え歌の第一人者として知られるシンガーソングライターの嘉門達夫(57)が「手順にミスがあったかなー」とコメントした。

 「森のくまさん」の日本語の歌詞を手掛けた大阪府の馬場祥弘さん(72)が18日、替え歌の芸を収録したCDで著作者としての人格権を侵害されたとして、パーマ大佐と制作、販売したユニバーサルミュージックに慰謝料300万円の請求を通知した。パーマ大佐のCDでは、本来と別の詞やメロディーが加えられ、クマと恋に落ち警察から逃げる内容になっており、訳詞者として馬場さんの名前が記載されている。

 嘉門は同日更新したブログで、「著作権問題でコメントラッシュ!」と引っ張りだこになっていることを明かした。替え歌については「とても事務的で丁寧に取り組むべき問題です」とし、パーマ大佐の芸について「パロディとしてはとても上質です」と評価しつつも、「手順にミスがあったかなー 穏便に着地してもらいたいです」とつづった。

 嘉門は同日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」に電話出演。自身が替え歌を発売する際には「楽曲の権利を管理している出版社に『この楽曲のこの部分をこういうふうに変えていいですか』というのを明確に送りまして、OKが返ってきたものに限ってCD化している」とし、さらに元の楽曲の権利者や歌詞に出てくる人物にも許可を取っているとした。

 また、自身も過去に「森のくまさん」の替え歌を発売したことがあるが、オリジナルの日本語訳詞は一切使用していない。「曲の方にはもう権利がない。メロディーを使って全く違うことを言うのはOKなんです」と語った。

 ユニバーサル社広報は「適正な手続きを踏み販売している」とコメント。パーマ大佐が所属する太田プロ広報部は「手続きはレコード会社に委ねている」としている。

 [2017年1月19日9時2分 「nikkansports.com」]より
お笑い芸人・パーマ大佐の「森のくまさん」の替え歌を収録したCDについて、日本語訳の歌詞を手がけた馬場佳弘氏が「著作者としての人格を傷つけられた!」と抗議してパーマ大佐と制作及び販売したユニバーサル・ミュージックを相手取って損害賠償を起こしたって言うけど、この問題について「替え唄メドレー」でお馴染みの嘉門達夫が言及したようです。

「手順にミスがあったかなー」とコメントした嘉門、確かに替え唄メドレーをリリースする際には許可をとってそこからだから、今回の問題は不手際が招いたとも言えます。
当の嘉門、楽曲の権利を持っている出版社に説明して許可されたものに限ってCDとして出すこともそうだし、元の楽曲の権利者及び歌詞に登場する企業や人物にも許可を取ってから出すと言うルールを守ってますが、パロディとして出す以上元の権利側に許可を取るのは常識だってことです。権利関係に対して不勉強だとこう言う問題になると言うことだ。

許可なく勝手にパロディ化して営利目的でこの歌を出したことが問題、パーマ大佐もユニバーサル・ミュージックも著作権はちゃんと守りましょう!!

「仮面ノリダー」みたいに勝手にパロディにしたことで権利を持つ側が気分を害されたように、パロディにする以上は権利を持つ側への配慮も必要だと思います。

theme : 最新音楽ニュース
genre : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード