川藤氏、藤浪に強烈エール!!

昨年は期待を裏切っただけに、今年は雪辱を期すシーズンにしてほしいものだ!!

引用

阪神・川藤OB会長、藤浪に激辛エール!「ガタガタ言うな」

 ガタガタいうな、もっと自信を持て! 阪神・川藤幸三OB会長(67)が18日、大阪市内で甲子園歴史館運営会議に出席。昨季7勝11敗とプロ4年目で初めて2桁勝ち星を逃した藤浪晋太郎投手(22)に、カツを入れた。若きエースは名誉挽回のためにオフも試行錯誤を重ねているが、枝葉にとらわれずに自分を信じろ-と熱く訴えかけた。

 川藤OB会長が一気にヒートアップした。藤浪は日本球界の頂点を目指せる男。だからこそ、かける言葉に熱がこもる。ガタガタいうな! 自信を持て! と猛ゲキだ。

 「人の話を参考にするのもいいけど、ガタガタいって今年はこういうフォームにしようとか、そんなことは必要ないんや。テメエの生き方や、やってきたことにもっと自信を持ったらいい。マウンド上でもそういう(自信のある)姿を出していけばいいんや」

 この日は甲子園歴史館運営会議に出席。どうすれば甲子園に、歴史館にもっと足を運んでもらえるか。いうまでもなく、最優先事項は虎が勝つこと。なかでもチームをけん引するべき藤浪に、熱い思いをぶちまけた。

 「晋太郎は毎年、フォームがどうこういうとるな」。他にもウエートトレで体重増を狙ったり、サプリメントを研究したり、球種を増やしたり。OB会長にはどこか迷っているように見える。午後から鳴尾浜に来てランニングなどで汗を流した右腕に対して「発展途上の選手やからいろいろと試すのはいいけど、もっと自分に自信を持たなアカン」と強く訴えた。

 大阪桐蔭高ではエースとして甲子園春夏連覇に貢献。プロでも1年目から3年連続で2桁勝利をマークした。昨季7勝11敗、防御率3・25と苦しんだことでシーズン中から今オフにかけて、さまざまな試行錯誤を繰り返した。だが、それは“枝葉”ではないのか-。

 同学年の大谷(日本ハム)は昨季、投手として10勝4敗、防御率1・86。野手でも打率・322、22本塁打と二刀流でチームの日本一に貢献した。金本監督が「『負けて悔しい』って言えばいい」と話したように差がついた感はあるが、高校時代はこちらが上。一昨年までもそう差はなかった。自らの潜在能力を、もっと信じてほしい。

 「いいライバルがいるんやから。今は負けているけど今、終わるわけじゃない。10年、20年後、どっちが勝っているかわからへん。そこまで先を見ながら、絶対に大谷に勝ってやるという思いが晋太郎に出てきたらな」

 将来、大谷を追い越して日本を代表するエースになれ! それができる器だと信じている。

 「ミスタータイガースと呼ばれるような、ピッチャーなら村山さん、江夏さんのような、日本のエースになれるような投手が(阪神に)出てきていない。晋太郎にはそういう立ち位置になるまでやり続けてもらわんと」

 藤浪は今季5年目。もう堂々たる猛虎のエースになっていい時期だ。そのために必要なものは自信-。浪速の春団治からの、激しく、熱いエールだった。

 2017.1.19 05:04 「サンケイスポーツ」より
昨シーズン7勝止まりに終わり、契約更改では年俸ダウンも経験した阪神・藤浪晋太郎今年は名誉挽回の為にも10勝以上挙げて欲しいが、その藤浪は自主トレにて自分のスタイル作りの為の研究を重ねているみたいだけど、試行錯誤が目立つせいか迷走感がしてなりません。

そんな藤浪を不憫に思ったのか、阪神OB会会長で「浪速の春団治」こと川藤幸三氏が言及したみたいです。
「人の話を参考にするのもいいけど、ガタガタいって今年はこういうフォームにしようとか、そんなことは必要ないんや。テメエの生き方や、やってきたことにもっと自信を持ったらいい。マウンド上でもそういう(自信のある)姿を出していけばいいんや」と強烈な言葉を送ったみたいです。
言うなれば、藤浪に迷いがあると思ったのか、これでは阪神を背負う存在にはなれん!! 自分を信じて自信を持ってやれ!! って川藤氏なりの熱のこもった言葉だけど、川藤氏じゃなければこの言葉は出るだろうか、岡田彰布氏なら言いそうだけども。

「ミスタータイガースと呼ばれるような、ピッチャーなら村山さん、江夏さんのような、日本のエースになれるような投手が(阪神に)出てきていない。晋太郎にはそういう立ち位置になるまでやり続けてもらわんと」かつての村山実氏、江夏豊氏のような存在になってほしいと願いを込めて藤浪に熱い言葉をかけた川藤氏、藤浪にこの言葉が届いてほしいです。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード