中村俊輔、磐田入りの決め手は

長年在籍していた横浜・F・マリノスを電撃退団し、新たなる出発を選んだが・・・。

引用

俊輔抱く名波監督への信頼と尊敬 磐田は10番用意

 J1磐田が、横浜から元日本代表MF中村俊輔(38)を完全移籍で獲得したと発表した。念願のスター司令塔加入で、背番号「10」を用意して迎えることも明かした。中村は「信頼を感じてプレーしたい」「全身全霊を掛け戦います」とコメント。移籍に決め手になった名波浩監督(44)への信頼を元担当記者の静岡支局長が明かす。

●「俺も海外に行かなきゃ」

 私はサッカー担当時代、00~02年にかけて日々、中村を取材していた。口数が多い選手ではなかったが、サッカーの戦術、技術論の質問がツボにはまると、延々と話していた。

 取材しながら感じたのが、「純粋なサッカー好き」。居残り練習は当たり前で、時にそれが全体練習の時間よりも長くなった。02年夏に横浜からセリエAレジーナに移籍。キャンプ地で、私たち取材陣が草サッカーをしていると、「いいな。俺も入れてよ」と言ってきた。「散々、練習した後でしょうに」と返しても、かまわずに入って笑顔でボールを追っていた。

 横浜で生まれ育ち、横浜のサポーターに愛されてきただけに、決断までに迷い悩んだのは当然だ。ただ、中村は名波監督を心から尊敬している。00年のアジア杯(レバノン)、日本代表での名波との天才レフティー連係は、現場で見ていても、美しくて、ワクワクさせられたが、大会後、中村は真顔で言った。「名波さんはすごい。セリエAベネチアでプレーしたことが大きいよ。だから、俺も1年でもいいから、海外に行かなきゃと思ってる」。

 振り返ると、中村は昨年4月16日、ヤマハスタジアムでの磐田戦に勝利した後、磐田MF小林祐希の感想を問われ、「うまいと思う。名波さんのもとでやっているから、もっとうまくなるよ。うらやましいよね」と話していた。名波監督も現役時代から中村を信頼し、自分のやりたいサッカーを実現してくれる選手として獲得に動いた。

 結局、中村は欧州で8年間プレーした。10年に横浜に戻った後も、活躍を続けている。昨年は負傷離脱の期間が長かったが、運動量は豊富で、FKの精度、テクニック、戦術眼は秀でたままだ。その実力と経験は、磐田の若手にも大きな影響を与えるはずだ。「磐田の背番号10」。中村のユニホーム姿をイメージしながら、その日を待つことにする。

 [2017年1月9日11時48分 「nikkansports.com」]より
新年早々日本サッカー界に衝撃が走った中村俊輔横浜電撃退団・ジュビロ磐田への移籍。横浜フロントと揉めての退団と言うしこりを残したわけだが、去就が注目されたけど現役を続行して磐田入りすると言う展開には予想だにしなかったでしょう。

長年いた横浜を離れ、磐田で再出発を図る中村だが、なぜ磐田を選んだかと言うと、名波浩監督が現役時代から中村を信頼していたことでその名波監督の元でプレーしたいと言う中村の思いがマッチして獲得に動いたと言えます。

昨年磐田と対戦した際に、磐田のミッドフィルダー・小林祐希について聞かれ「うまいと思う。名波さんのもとでやっているから、もっとうまくなるよ。うらやましいよね」と言ったことから、自分の理想とするサッカーが見つかったってことですけど、だったら横浜では最近自分のやりたいサッカーをさせてくれなかったってことですか。

磐田で2017年を迎える中村、ただ横浜、長年の功労者だった中村俊輔を放出したことで迷走しそうです・・・。
純粋に自分のしたいサッカーが出来る環境があるってことは、やり甲斐が見つかってプラスですけどね。

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード