酉年の今年に何思う、安倍総理

永田町も2017年のスタートですが、当然のこの人もです。

引用

首相、「酉年は割と大きな変化ある」…仕事始め

 安倍首相(自民党総裁)は5日午前、自民党本部の仕事始めであいさつし、今年は憲法施行70年となることに触れ、「新しい時代にふさわしい憲法はどんな憲法か。今年はいよいよ議論を深め、私たちが形作っていく年にしていきたい」と述べ、改憲論議を進める考えを示した。

 また、衆院解散・総選挙について、「酉年は割と大きな変化がある。24年前に自民党が野党に転落した。12年前は郵政選挙があった。だからといって今年選挙があるとは限らないが、常在戦場の気持ちで身を引き締めていきたい」と語った。

2017年01月05日 12時28分 読売新聞
5日午前、自民党本部にて2017年の仕事始めの挨拶に臨んだ安倍晋三総理、かねてからの悲願である憲法改正を目指す決意の現れか「新しい時代にふさわしい憲法はどんな憲法か。今年はいよいよ議論を深め、私たちが形作っていく年にしていきたい」と意気揚々と述べたけど、一強状態なのをいいことに慢心してはならないです。昨年も閣僚の不祥事があったが、それを反省材料としているのでしょうか。

また永田町周辺で噂が出ている衆議院を解散及び総選挙するかについて「酉年は割と大きな変化がある。24年前に自民党が野党に転落した。12年前は郵政選挙があった」と述べたけど、酉年は日本の政治において重要な出来事があったように、今年も何かあると匂わせることを言ったけど、今年何か国民に信を問うものでもあるのかと言うと、やはり憲法改正の是非?
それと酉年は国政が動いたジンクスがあるように、今年はどうなりますかねェ・・・。

12年前の2005年、小泉純一郎政権が郵政民営化の是非を問う総選挙で自民党が圧勝。
24年前の1993年、自民党が初めて野党に下野、非自民党の細川護熙内閣誕生で55年体勢の終わり。

などありますが・・・。

今年もアベノミクスに基づく経済成長を第一目標に掲げている安倍総理だけど、目先の金儲けよりも国民の為になる政治をやってほしいものです。またアメリカやイギリスにおいて自国重視主義が高まるなど国際社会も目まぐるしく変わりつつあるし、現実を直視してもらいたいものだ。

theme : 安倍政権
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード