「美味しんぼ」を批判する

私はこれを一時期良く見ていたが今となっては面白いとは思えないのが「美味しんぼ」、グルメブームを巻き起こすなど一時期ムーブメントになったけど、今となっては脱線しまくり漫画と言うか長期休載が目立ち「まだやってるのか」と言いたくなります。

この漫画はまた「共感出来ない部分がほとんど」と言う見解を示したくなります(数少ない共感できる部分は捕鯨問題を扱った話ぐらい)

キャラクターに半ば品がない・権威主義的・特定アジアびいきで日本について批判的な表現が目立つ・的外れな見解でしばしば問題を起こす。
と言ったところが批判的ですが、キャラクターに品がないと言う点では「ちびまる子ちゃん」「ツヨシしっかりしなさい」に通ずる部分がどこかにある。上に媚びて下に威張り散らす者(小泉局長・富井副部長)、山岡を平気でバカにしたりいびったり時に暴力に訴える者(前述の2名と三谷・荒川)、変に負けず嫌いで負けるとすぐに山岡に八つ当たりする者(大原社主)、東西新聞社だけで品のないキャラの宝庫。この組織で常識人と言えるのは谷村局次長と相川料理長だけ。外に目を向ければ中川夫妻と板山社長、京極万太郎、快楽亭ブラックぐらいか。

権威主義的=グルメだったら品のある料理なのかと言いたくなるし、高級志向こそ正しい料理と言う認識を助長するだけだと思う。日本人の過剰とも言うべきブランド志向を膨張させたとしか言えませんね。

特定アジアびいきで日本批判、この漫画について「許せない」部分の一つだが、一部保守系識者から「反日漫画」と名指しで非難されて当然。そんなに特定アジアの肩を持って何を訴えたいんだ!? 日本の政治や歴史などを平気で批判する表現が多いが、いくら「表現の自由」たって“やり過ぎ”を通り越してます!! 戦前の日本軍については特に否定的な見解だけど、保守系識者や右翼を敵に回しかねない表現もいいところ。こう言う表現は青少年に見せたくない。て言うか教育に悪い。

的外れな見解で問題を起こす。何の根拠があってそんな見解が生まれるのか? 時には業界関係者からクレームも来たように、後になってこれは作者の知識不足が招いたんじゃねェのかと言いたくなるんだよね。
特に「福島の真実」は社会問題にも発展したのは記憶に新しい。

私はグルメ・料理漫画は学べたり共感できる部分が多く、ためにもなる部分もあると思うが「美味しんぼ」に関しては学べる・共感できる部分があまりないし、ためにもならない。今となっては。
「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」「ツヨシしっかりしなさい」と並んで私が思うに「許せない」部分が多い「美味しんぼ」、長期休載が目立っているにも関わらず連載が続いてるってことは謎だ。「ビッグコミックスピリッツ」は見切りをつけられないのかと言いたくなる。これではTBSにおける「アッコにおまかせ!」と同じに見えてきた。

正直な話が「クッキングパパ」や「あぶさん」のほうが断然面白い。

theme : 伝えたい事
genre : ブログ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード