だったらギャンブル依存症対策を強化すべきだ

IR推進関連法案、いわゆるカジノ法案が成立したことで政府はしっかりとこの問題に向き合わねばなりません。

引用

菅義偉官房長官「ギャンブル依存症対策を強化」

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法の成立を受け、「国会の議論を十分に受け止めて、ギャンブル依存症対策の強化などの必要な措置に取り組む」と語った。党内で賛否が分かれた公明党が自主投票で臨んだことについては「議員立法だから党議拘束を外した。全く自然なことではないか」と評した。

 最終更新:12/15(木) 13:19 「産経新聞」より
カジノ法案が15日の衆議院本会議にて可決し、事実上成立したことで幕を閉じた今回の臨時国会、政府与党としてはやりたいことを出来て安堵したと思うけど、カジノ法案成立により日本においてカジノが出来るようになるけども、ギャンブルと言うことで切っても切り離せない問題がギャンブル依存症、その対策について菅義偉官房長官は定例記者会見で「国会の議論を十分に受け止めて、ギャンブル依存症対策の強化などの必要な措置に取り組む」って言ってるけど、ホントに積極的にやるんでしょうねェ・・・!?

大体日本において相当な数のギャンブルコンテンツがあり、当然依存症患者が多いこの現実を政府与党はどう見ているのかと思うし、中でも深刻なのがパチンコ依存症、それが大きな問題になっているのになぜパチンコを根絶できないのか? 規制も進まずのうのうとパチンコ業界がのさばっている社会の現状を見ないでなぜカジノ法案なのか? 政府内でなぜパチンコ規制が積極的でないのかと言うと、やはりパチンコ業界から金をもらっている議員や官僚がいることにあるんじゃなかろうか。まるでアメリカにおいてNRA(全米ライフル協会)から支援を受けている政治家と同レベルだよ。

カジノに代表されるギャンブルコンテンツを全て規制しろとは言わないが(パチンコは規制すべき)、ギャンブル及びギャンブル依存がもたらす問題などを見て対策を強化すべきです。あと海外のケースを見てカジノのいいところまたは悪いところを学んだらと言いたくなります。いいところだけを見て悪いところに目を向けないのは近視眼的な考えです。
金儲け目的でカジノを解禁するのは、稚拙と言うか目先の利益しか考えないもいいところだと思う。政府は改めてカジノと言うかギャンブルが関わる問題に目を向けるべきだ。

theme : カジノとパチンコ
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード