長谷川穂積、チャンピオンのままリングに別れ

最年長でチャンピオンに返り咲いたのを「置き土産」とする形で・・・。

引用

長谷川穂積が引退表明「素晴らしいボクシング人生」

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者長谷川穂積(35=真正)が9日、神戸市内で会見を開き、世界王者のままで現役引退することを表明した。

 長谷川は9月16日にウーゴ・ルイス(メキシコ)を9回TKOで撃破し、同王座を獲得。その後は、世界的強豪との対戦も視野に入れて現役を続ける気持ちもあったが、世界5階級王者でWBO世界スーパーバンタム級王者だったノニト・ドネアが11月の防衛戦で敗れたことや、周囲の説得もあり、11月半ばに現役を退くことを決断した。長谷川は「前回以上の気持ちを作るのが難しくなったのが大きな理由」と引退理由を説明した。

 会見では涙を流すことはなく「今こうして無事に終わることができて、素晴らしいボクシング人生を歩めて良かったなと思います」と、やりきった表情で話した。

 [2016年12月9日14時4分 「nikkansports.com」]より
3ヶ月前にWBCスーパーバンタム級チャンピオンとなった長谷川穂積、その後目立った動きはなく年を越すのかと思ったが、突如として現役引退を表明したみたいです。
チャンピオンのまま現役を引退、晩節を汚さない終わり方とはこのことを言いますね。

11回連続チャンピオンを防衛(バンタム級)、フェザー級でもチャンピオン、そしてスーパーバンタム級でチャンピオンと3階級でチャンピオンに輝くと言うホントの強さを見せつけた長谷川、まさに浮き沈みはあれど最後はチャンピオンとしてリングを降りたのだから「今こうして無事に終わることができて、素晴らしいボクシング人生を歩めて良かったなと思います」と晴れ晴れした表情でボクシング人生を振り返ったのかも知れません。

記録にも記憶に残るチャンピオンでもあった長谷川、チャンピオンのまま現役を引退すると言う幕引きもまたなかなか出来ないだけに、ホントのチャンピオンだったと思います。

お疲れ様でした。感動をありがとう。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード