結局有明アリーナで「決着」かァ・・・。

横浜市の理解が得られなかったからそうするしかなかったってことで、元の木阿弥と言いますか・・・!!

引用

<東京五輪>バレー会場「有明」で最終調整

都、移転全て断念 横浜市「開催は時間的に難しい」

 2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボールについて、東京都が「有明アリーナ」(江東区)開催で最終調整に入ったことが、複数の関係者の話で分かった。都の再試算で「有明」の整備費が、当初計画から65億円削減可能と判明。「横浜アリーナ」(横浜市)開催を断念し、小池百合子知事が移転を主張した3競技会場が全て当初計画の場所になっても、選挙公約の「五輪予算削減」が達成され、都民らの理解が得られると判断した模様だ。小池知事は、来週にも結論を公表する。

 3競技会場については、先月29日の国際オリンピック委員会(IOC)、都、大会組織委員会、政府の4者のトップ級会合で議論され、ボートとカヌー・スプリントは「海の森水上競技場」(東京湾岸)、水泳は「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)に決まった。バレーボールは結論が先送りされた。

 バレーボール会場に関しても、内外競技団体やIOCが会合前から「周辺民有地の使用が必要で警備上も課題がある」と指摘するなど「横浜」移転に反対する意見が大勢を占めていた。関係者によると、小池知事はこうした状況を踏まえ、会合直前にIOC側に「有明を軸に検討するので、きょうは結論を先送りしてほしい」と要望したという。

 都は当初404億円だった「有明」の整備費を340億~374億円に削減したうえで、さらにエスカレーター設置をやめたり、外装材やカーペットなどのグレードを下げたりして、339億円まで低減させた。加えて大会後の運営権売却や指定管理者制度導入などを検討し、運営費の都負担分を軽減することで、都民らに「有明」開催への理解を求めることにした。

 一方、横浜市の林文子市長は7日の定例記者会見で「(横浜での開催は)時間的に難しいというところが率直な感想だ」と述べた。同市は「横浜」開催の条件として都に対し、周辺民有地の所有者への説明▽道路を封鎖する場合の地域への説明▽都、大会組織委員会、競技団体の意向の一致--を求めている。

毎日新聞 2016年12月8日 07時30分
2020年の東京オリンピック及びパラリンピックにおけるバレーボール競技の会場を建設予定の東京・有明アリーナと既存の横浜アリーナにするかで東京都・組織委員会・IOC(国際オリンピック委員会)・政府との4者協議が続いていたけど、ここに来て東京都が再試算で有明アリーナ整備費が当初よりも65億円削減できると言う見解を示したことで、有明アリーナ開催にすることで最終調整に入ったようです。

当初有明アリーナには404億円もの整備費だったが、それを65億減らして339億まで下げたことは小池百合子都知事にとって安堵したと言いますか・・・!!

オリンピック後の運営権売却など、都が今後の負担分を軽減できるとして都民と言うか世論に有明開催の理解を求めることになるけど、すったもんだの末に有明アリーナ開催、結局何だったんだろうかと思う。
当初は横浜アリーナ案を出した小池都知事だが、IOCからクレームが来たことで頓挫したんでしょうかね。また当の横浜市が横浜アリーナ開催は無理。って言ったことも影響しているし・・・。

結局無計画過ぎる組織委員会に責任が大ありだが、自己の利権しか考えない姿勢が会場を巡る騒動に発展したことは確かだし、変にハコモノ行政を有難がる官僚の言いなりになってんじゃねェのかとも言いたくなります。こんなケチばかりがついてグダグダっぷりまで露呈するようじゃ何の為にオリンピック招致したんだと言いたくもなる。これが結果としてオリンピックのイメージ悪化を助長してるとしか言えません。
やはり3年前のIOC総会において開催地が決定する前に、2020年の夏季オリンピックを東京で開催するかどうか賛否を問う国民投票でも実施すればよかったんだよと今となってはそう思うばかりです。

theme : オリンピック総合
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード