「シャブ&ASKA」再び・・・!!

一昨年有罪判決を受けて二度と薬物はやりませんと言ったのに、また同じ過ちと言うかしくじりを犯してしまいました・・・!!

引用

ASKA容疑者また覚醒剤 「盗撮されてる」自ら110番…発覚

 再起への道を歩んでいたはずだったASKA容疑者は、覚醒剤の呪縛から逃れられなかったのか。逮捕の方針を伝えるニュース速報にはブログ上で「100%ありません」と否定し続けたが、警視庁による尿検査は「陽性」。復活を願ったファンの気持ちはまたも裏切られた。

 《はいはい。みなさん。落ち着いて》

 速報が流れた直後の28日午後3時前、ASKA容疑者はブログを更新した。記事では尿検査を受けたことを明らかにしたが、逮捕については《フライングのニュースです》と否定した。

 さらに《(ニュースは)間違いですよ。先日、僕の方から被害届けを出したのです》などと説明。《覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがない》ともつづった。

 ASKA容疑者は平成26年9月に有罪判決を受けた際、「真摯(しんし)に受け止めて、家族の支えで立ち直り、健康を取り戻す」とし、再起に向けて踏み出す決意を述べた。

 関係者によると、その後、千葉県内の医療施設などで薬物依存症からの回復を目指してリハビリに励んできたとされる。ミュージシャンとしての復帰も目指し、現在新アルバムの制作中だった。

 しかし、今年に入って開設したブログでは《盗聴盗撮は本物》などと繰り返し書き込むなど、精神的に不安定な様子を見せていた。

 《この半年間のできごとについて》と題した7月18日付の記事では盗聴、盗撮の被害に遭ったとした上で《(覚醒剤の)後遺症であると判断され、入院をさせられてしまっていました》《盗聴盗撮は本物です。僕は病気ではありません》と記していた。

 「病気ではない」としつつもASKA容疑者は28日夜、憔悴(しょうすい)しきった様子で100人以上の報道陣にもみくちゃにされ、捜査車両に乗り込んだ。

 厚生労働省元麻薬取締官の小林潔氏は「誰かに監視されているというような幻覚・幻聴は、覚醒剤の依存患者に顕著な症状だ。言動から判断すると、最近でも重度の依存状態にあった疑念は拭えない」と指摘している。

 最終更新:11/29(火) 8:02 「産経新聞」より
「真摯(しんし)に受け止めて、家族の支えで立ち直り、健康を取り戻す」。一昨年有罪判決を受けた際にASKA容疑者が述べたコメントだが、その後真面目に音楽活動したり薬物依存からの回復を目指したリハビリに取り組んだものの、またも覚醒剤で逮捕されたASKA容疑者、やっぱりと言いますか、止めたくても止められないと言う悪循環を脱却出来なかったとしか言えません。改めて薬物ほどそれが当てはまるものもありません。
自分の意志だけで薬物を絶つことは出来ない。その不安をホントにしてしまったから、またも世間と周囲をえらく裏切ったとしか言い様がないです。

どこでまた薬物に手を染めてしまったのか? 入手ルートが気になるが、今年に入ってから始めたブログでは「盗聴盗撮されている」と書き込むなど最近では情緒不安定な面が目立ち、盗聴器が仕掛けられていると自ら110番通報し、また警察沙汰を起こして不審に思った警察が尿検査を要請した結果、そこから覚醒剤の陽性反応が出たんだから、あえなく「御用」となったけど「身から出た錆」って言うか自ら「飛んで火に入る夏の虫」になってしまった感がします。

また薬物に手を出して精神的に不安定になってしまったASKA容疑者、執行猶予中にそれをやらかしちゃっては取り付く島もないし、改めて薬物の怖さを痛感するものでしょう。盗撮されてると言う幻覚に駆られてああなった、薬物に手を出すと人間として堕落するってこと。
これにより刑務所行きが確実となったASKA容疑者、再び薬物を手を出しただけに世間と周囲は許さないでしょうね

theme : 最近のニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード