「緩やかな回復」ってどこがだ!?

ハッキリ言って政府与党はアベノミクスの実績に甘えて現実を見ていないとしかどうしても思えません。改めて。

引用

菅義偉官房長官「緩やかな回復基調」 GDP連続プラス成長に

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、内閣府が同日発表した平成28年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値が3期連続でプラス成長となった状況を受け、「このところ弱さもみられるが、雇用所得関係の改善が続いており、緩やかな回復基調が続いている」との認識を示した。

 また、「未来への投資を実現する経済対策を円滑、着実に実施することによって、当面の需要喚起だけでなく、民需主導の持続的経済成長と1億総活躍社会の実現につなげていきたい」とも述べた。

 最終更新:11/14(月) 13:34 「産経新聞」より
平成28年7月から9月までのGDP(国内総生産)速報値が3期連続でプラスになったことで、定例の記者会見にて「このところ弱さもみられるが、雇用所得関係の改善が続いており、緩やかな回復基調が続いている」と述べた菅義偉官房長官、ハッキリ言って日本経済がいいとは言えないこの頃、そんな状況でよく緩やかな回復基調なんて言えますね。

台風の影響もあって個人消費が冷え込んで前期比でプラス0.1パーセント止まり、前回と同じく僅かなプラスだったこともだし、個人消費だけでなく設備投資など内需が今一つな状況では経済が伸びないのも当然ではないでしょうか。
市民生活が全然良くならずただ自分たちの実績に甘えてるだけの安倍晋三総理以下政府与党、正直言ってアベノミクスは国民生活を豊かにしてるのか? 表面だけの豊かさだけ追い求めては格差が広がるだけで何もいいことありません。

目先の金儲けしか考えず市民の生活を良くしたいと言う考えが感じられないアベノミクス、日経平均だって結局アメリカの動向次第で左右されてるだけで日本が直接動かしてるとは言い難い。

現実を見ずに自分たちの理想ばかり追い求めてそれに甘えては、痛いしっぺ返しを食らうだけです。去年の東芝の粉飾決算問題を見てそれを全く教訓にしていない政府与党、理想主義は行き過ぎれば毒となる。アメリカ型資本主義と言うか理想主義に基づく価値観は「百害あって一利なし」です。それに政府はいい加減気づくべきだ。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード