まさかのトランプ

史上稀に見る低レベルな今回のアメリカ大統領選挙を制したのは、この人でした・・・。

引用

トランプ米大統領 NY絶叫「USA」 クリントン派「もう終わり」

 米ニューヨークのマンハッタンでは8日夜から、2人の大統領候補者の支持者たちが街に繰り出し、長い戦いの結末を見守った。共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)の支持者らが「ユー・エス・エー」の絶叫で興奮をあらわにする一方、民主党候補のヒラリー・クリントン氏(69)の支持者は愕然(がくぜん)としながら「もう終わった」。結果を見届けず、失意のうちに帰宅の途につく姿も目立った。(ニューヨーク 松浦肇、上塚真由)

                   ◇

 ミッドタウンのビジネス街にあるヒルトン・ホテル。トランプ氏の陣営が集会を開いていたため一般人は近づけなかったが、南北を走る6番通りを挟んだ歩道では「米国を再び偉大にしよう!」と書かれたプラカードを掲げたトランプ氏の支持者たちが集まった。

 途中、クリントン氏の支持者が近くに陣取り、「人種差別はやめよう」と声を上げた。リベラルな校風で知られるコロンビア大学の音楽団もトランプ氏への事実上の抗議として、ヒルトン・ホテルそばを楽器を鳴らしながら行進した。

 一方のトランプ氏支持者は対抗する格好で、「ヒラリーを監獄に入れろ」と合唱。トランプ氏支持者の集まりでは「マスコミは不誠実だ」との声も上がり、近辺を取材中の外国人記者が絡まれる場面もあった。

 9日未明。トランプ氏当選確実の情勢が伝わり、トランプ氏支持者らは大絶叫。「ユー・エス・エー」と気勢を上げた。

 マンハッタンは民主党の金城湯池だ。アッパーウエスト地区の103丁目では、選挙ボランティアによる選挙の打ち上げ会が深夜にかけて予定されていたが、「クリントン氏が敗色濃厚」との報道が流れると中止に。ボランティアたちは帰宅し始めた。近所に住んでいるというケビン・リーさんは「本当に悲しい」と目を真っ赤に腫らしていた。

 一方、ニューヨーク中心部のタイムズ・スクエアでは大型スクリーンが設置され、大勢の人が開票状況を見守った。

 激戦州で次々とトランプ氏の勝利が伝えられると、「もう終わった」「開票作業に問題が起きているのではないか」と、人々は次々と不安を口にした。普段は騒がしい場所として知られるが、この日は静かに開票を見守る結果となった。

 クリントン氏の選挙集会に参加したブルックリンのロビン・デビッドソンさん(40)は、レズビアンでパートナーと結婚し、2人の子供もいる。「トランプ氏は同性愛カップルに理解はない。これからどんな生活が待っているのか。他人を排除する大統領に決まったことを、子供たちにどうやって説明したらいいのか…」と途方に暮れていた。

 最終更新:11/10(木) 8:49 「産経新聞」より
共和党候補で「暴言王」と称されたドナルド・トランプ氏が民主党候補ヒラリー・クリントン女史を下し、トランプ氏に軍配が上がった今回の大統領選挙、正直言って「予測不能」を絵に描いた結末と言うべきか・・・。

数々の暴言とセクハラ発覚もあり、好意的な目で見られなかったトランプ氏がまさか勝つとは思わなかったが、追い風となったのはヒラリー女史のメール問題でしょう。あとは既存政治と富裕層の見方と言うイメージが有権者に嫌われた感がするけど、嫌われ者はお互い様ってことか。
そんな既存政治と社会の閉塞感がトランプ支持を拡大させたわけだが、ここまでアメリカも堕ちたのかと勘ぐりたくなるものです。
社会の閉塞感と政治への不信感はポピュリズムを台頭させると言うのは歴史がそれを証明している。

「米国を再び偉大にしよう!」と言うフレーズに煽られたこともそうだし、あの景気の良かった時代をもう一度と言わんばかりに支持を集めたトランプ氏、アメリカは常に一番でなければいけないと言う主張を強調したと思うね。低下したアメリカの威信を取り戻すには手段を選ばないってことか・・・。それと共和党内部からあまり好意的に見られてないことはどう思ってんだか。
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も批判し、米軍が駐留している国には負担を迫るなど思いっきり日本に影響が及ぼしかねませんが、TPPに関してはトランプ当選を機に見直すことも考えたらどうか、日本政府は。
やっとキューバと国交を回復したのに逆戻りしそうだし、オバマケアも廃止されそうで、オバマ路線を著しく変えそうです。

それにしても、まさか候補者になり大統領にまで上り詰めたトランプ氏、こんな結果を予測した識者はいただろうか?
泡沫候補で終わるだろうと思いきや実は・・・!? が大半でしたが・・・。普通排外主義を平然と唱えたりする者は周りから危ないと思われて敬遠されるはずなのだが・・・。

政治家でも軍人でもない人間が初めて大統領となるアメリカ、トランプ氏を選んだことはハイリスク・ハイリターン要素大ありです。トランプ優勢となってから日経平均株価がグン! と下がったからなァ・・・!! イギリスのEU離脱に匹敵する衝撃だ・・・。

theme : アメリカ大統領選
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード