ホントの首謀者はどこに?

IS(イスラム国)に関わりがあるだけに、早く見つけ出すことが重要です。

引用

パリとブリュッセルのテロ、仏当局が統括者を特定

(CNN) フランスの捜査当局は8日までに、パリの同時多発テロとブリュッセルの連続テロを統括したとみられる人物を特定した。仏情報当局の情報筋がCNNに語った。

この人物はベルギーとモロッコの二重国籍を持つウサマ・アタル容疑者(32)。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の幹部で、シリアからテロの指示を出していたとみられ、現在も逃走中とされる。

3月のブリュッセル連続テロで自爆したバクラウィ兄弟のいとこに当たり、インターネットを通して兄弟のうち少なくとも1人を過激派に誘い込んだ疑いがある。

捜査当局が押収した兄弟のパソコンから、アタル容疑者とのつながりを示す証拠が見つかった。アタル容疑者と兄弟関係にある男もブリュッセル連続テロの後、バクラウィ兄弟がテロ準備に使ったアパートの鍵を持っていたとして拘束されている。

ベルギー当局は9月の時点で、アタル容疑者が西欧のどこかに潜伏しているとの懸念を抱いていた。8月にブリュッセル市内にいたとの情報もある。司法筋によると、ISISはシリアやイラクでの形勢悪化を受け、欧州へテロ実行要員を多数送り込んでいるという。

アタル容疑者にはイラクの刑務所に入っていた前歴がある。2005年に同国で拘束され、07年に不法入国で有罪となった。米軍監督下の刑務所を転々とするなかで、後にISISの指導者となるバグダディ容疑者と出会った可能性がある。

10年に獄中で体調不良を訴え、ベルギーの弁護士や家族、人権団体などの呼び掛けで赤十字の医師による治療が実現した。人権団体が主張したような重病ではなく、腸の感染症だった。12年9月に釈放され、ベルギーへ送還されていた。

最終更新:11/9(水) 14:16 「CNN.co.jp」より
昨年フランス・パリで、今年3月にベルギー・ブリュッセルで連続テロが起こったのは記憶に新しいが、これまでにテロに関与した人物は自爆したり当局によって身柄を拘束されたけど、実はこの2つのテロを首謀した人物がいると言う情報があり、その人物がブリュッセルのテロと関連する人物であることも分かり、またISIS(イラク・シリア・イスラム国)の幹部であることがフランス当局の捜査から明らかとなったけど、その人物は現在も逃走中で行方を追っているみたいです。

パリのテロの首謀者はサラ・アブデスラム、ブリュッセルのテロの首謀者はバクラウィ兄弟だが、それらをどこからか指示して起こしたとなれば、こいつがテロの首謀者なんじゃねェのか・・・。

ベルギー当局によればこの容疑者が西欧のどこかに逃げていると懸念していたが、実はイラクで拘束され獄中で病気を患い、恩赦で釈放されてベルギーに入国したって言うけど、恩赦で釈放して惨劇を引き起こしたとなれば、なぜ簡単に釈放したのかと思うし、相手は過激派の息がかかった人物ですよ!? 相模原の障害者施設で無差別殺傷事件を起こした容疑者と同じで、危険人物を野に放つことは火に油を注ぎかねないものです。

今年8月にブリュッセルに潜伏している証言もあるが、あのモレンベーク地区が疑わしい。
ISISはシリアやイラクの情勢悪化に伴いヨーロッパに構成員を送り込んでると言いますから、各国の当局が厳しい目を光らせて注意深く見るべきでしょう。

とにかくベルギー政府は各国政府と連携してこの容疑者を逮捕すべきです。
当記事においてイスラム国をISと、イラク・シリア・イスラム国をISISと表記してますが、今後はこう表記致します。ご了承下さいませ。

theme : テロ
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード