パリ協定批准が遅れたのにその姿勢は何ですか?

今までそれに関して何もしてこなかったのに、そう言う姿勢では「ガッカリだよ!」

引用

パリ協定発効へ 菅義偉官房長官「歓迎したい」 批准手続きの遅れにも「大きな影響ない」

 菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、地球温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」が同日に発効することに関し、「歴史上初めてすべての国が参加する枠組みで、わが国の長年の主張に沿う画期的な協定だ。(発効を)歓迎したい」と述べた。

 一方、日本は批准手続きが遅れ、同日に協定の承認案が衆院本会議で可決、承認される予定となっている。今月中にモロッコで開かれる第1回締約国会議(CMA1)で、日本は強い発言力を持たないオブザーバーとしての参加にとどまるが、菅氏は「わが国の交渉における立場に大きな影響を及ぼすとは認識していない。一日も早く締約手続きを終え、締約国として説得力を持って交渉に参加できるよう、努力をしていきたい」と強調した。

 最終更新:11/4(金) 13:11 「産経新聞」より
地球温暖化対策の新しい国際的な枠組みである「パリ協定」が4日に発発効されるけども、日本はその批准手続きが遅れたことで今月にモロッコで開かれる第1回締約国会議でオブザーバー扱いでの参加となるけど、ハッキリ言って政府は今までパリ協定批准手続きを進めてこなかったツケがこう言う形になったんじゃないでしょうか。

それにも関わらず菅義偉官房長官は定例の記者会見にて「歴史上初めてすべての国が参加する枠組みで、わが国の長年の主張に沿う画期的な協定だ。(発効を)歓迎したい」と言ってますが、批准すら出来ないで何が歓迎したいですか?
締約国として説得力を持ってって、批准できてない段階で締約国としてもあったもんじゃない。正直言ってこの問題を棚上げした責任は誰にあるんだと言いたくなります。

これはもう一つ、安倍政権が国際社会の動向を全く見てこなかった弊害にも取れますし、政府はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)承認及び関連法案ばかりにうつつを抜かし続けたからこう言うことにもなったと思うんだよ。一つのことだけ熱心になって、他のことをそっちのけにしたからこんなことになったんだと言いたくもなる。ましてや国際的な課題であれば、すすんで取り組むべきだと思います。そんな周りを見ない内向的な姿勢では国際社会における立場が低くなるだけです。
アメリカばっか意識してTPP承認及び関連法案にこだわってこう言うことになったと思います。政府はもう少し幅広い見方と言うか幅広いことにすすんで関心を持つ意識を持ってはいかがですか!? 今日にも衆議院でTPP承認及び関連法案が採決されるみたいだけど、ムダに時間を費やしてやってる感ばかり見せるのは浅はか過ぎます。

一つのことばかり熱心になって他のことをそっちのけにしてはダメだと言うことを与野党共々理解しましょう!!

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード